ひとり劇場

幽霊系男子のおばけくん

初めてなので変なとこもあると思いますがよろしくお願いします😇

神代 奈々
神代 奈々(かみしろ なな)は自転車を押しながら呟いた。

本来なら今日は終業式。午前中には帰れるはずだったが、もう空はオレンジ色になり日は沈みかけている。
神代 奈々
今日から夏休みかぁ〜…
神代 奈々
(お腹すいたなぁ… 。コンビニでも寄ろうかな。)
神代 奈々
そんなことを考えていると、前から40代くらいの主婦が2人歩いてきた。何かの話をしているようだ。
すれ違いざまに、話の内容が耳に入った。
通りすがりの主婦A
ねぇ、あの神社の話知ってる?
通りすがりの主婦B
もちろん知ってるわよ。最近噂になってるもの。
通りすがりの主婦A
赤い目の幽霊なんて不気味よね…。
通りすがりの主婦B
あら、幽霊なんて信じてるの?
いるわけないじゃない。そんなの。
通りすがりの主婦A
けど気味が悪いのよ…。見たことある人もいるみたいだし。
通りすがりの主婦B
そんな噂本気にしだしちゃキリがないわよ……、ってキャーッ!!
何あの子!
通りすがりの主婦A
片方の主婦がすれ違った奈々の姿を見て悲鳴をあげる。
通りすがりの主婦A
うわ……何あの子、本当に人間…?
通りすがりの主婦B
気持ち悪い…、何あの姿……。
神代 奈々
(……やっぱりもう今日は早く帰ろう。)
神代 奈々
奈々は耳のイヤホンをぐっと押し込み、自転車を押しながら急いで帰った。
神代 奈々
ただいまー。
神代 奈々
家に着くと、真っ先に自分の部屋に向かい、ベットにダイブした。
神代 奈々
(気持ち悪い、か…。)
神代 奈々
鏡を見ながらさっき言われた言葉を思い出す。
本当にその通りだと思う。

人間、というよりかは獣とい言った方が正しいような、猫のような真っ黄色の瞳に、血を被ったのかと思うほど深紅色の髪の毛。

普通という言葉とかけ離れているのは明らかだ。
神代 奈々
(ダメだ、もう鏡は見ないって決めたのに。)
神代 奈々
この姿のせいで気持ち悪がられるのはもう慣れっこだ。前までは気にしていたが、今はもうそんなことはない。
神代 奈々
暇なのでスマホを見ていると、とある掲示板が目に入る。
神代 奈々
「矢守町の幽霊?」
神代 奈々
矢守町って、私が住んでる町じゃん。幽霊ってなんだろ?
通りすがりの主婦B
スクロールして見ていくと、どうやら赤い目の幽霊が夜な夜な町を巡回しているらしい。
その幽霊は自殺した男の子で、いじめの主犯格を探して今もさまよっている。という内容だ。
神代 奈々
(いじめ……って)
神代 奈々
(この男の子、学校に行きたくなかったんだろうな…。)
神代 奈々
(……って、こんなの嘘に決まってるよね。ご飯でも作るか。)
神代 奈々
スマホをベットに置き、奈々はキッチンへと向かった。
神代 奈々
__同時刻、同じ矢守町でとある男の子が首を傾げた。
男の子
__あれ?何、どうしたの?
にゃあ
男の子の白い足に猫が顔を擦りつける。
男の子
あ、これ?
男の子
男の子は手に持っていた苺を猫の前に差し出す。
にゃー!
そうすると、猫は嬉しそうに苺を食べた。
男の子
俺が食べる予定だったのに…
男の子
まぁ可愛いから許す…けど。
男の子
そう呟いて、男の子は猫の頭を撫でた。

1  

投稿日時:2021-05-14 21:12
投稿者:逢宰
閲覧数:47

☆ アクセスランキング(日別)