ひとり劇場

記録資料(二日目)

施設に囚われた少女、果たしてどうなるのか

アユ
(収容されて2日目、彼女は薄暗い部屋の中で目を覚ます)
エリック
(ドアをノック)番号-526!朝食だ、残さず食え
アユ
ドアの横に付いた扉から、
部屋の中に朝食が入れられる
アユ
(朝食を取りに行き、部屋に設置されたテーブルへ運ぶ。椅子に座り食事を摂る)
エリック
暫く経ち
エリック
(ドアをノック)実験の時間だ(ドアを開け、出るように促す)ついて来い(アユを案内する)
アユ
(言われるがままついて行く。それしか出来ないのだろう)
隊員
(アユの後に続く。監視のためなのだろう)
隊員
3人はとある部屋の前へ
エリック
番号…526入れ(アユに命令)
アユ
(エリックに従い部屋に入る)
エリック
君はそこで見張っていろ(隊員に命令)
隊員
ハッ!(敬礼で返事をして部屋の横に、壁を背にして立つ)
隊員
部屋の中には不気味な椅子が設置されている。椅子には棘が全ての面に付けられており、座れば棘が食い込むだろう
ジェイソン
来たか…番号-526!今からこの椅子に1時間座ってもらう。無論拒否権など無い(そう言い、アユの手を引っ張って強引に椅子の前に連れて行く)
アユ
(恐怖で足が竦むが、強引に連れて行かれ椅子に座らされる。勿論手足は縛られ動けない)〜!〜!〜!(痛みで声にならない叫び声を上げる)
ジェイソン
さ、我々は外で待つとしよう(エリックに言い、部屋の外へ)
エリック
そうですね(ジェイソンと共に部屋の外へ)
アユ
ああ!痛い!痛いー!はぁはぁ…助けてー!誰かー!助けてー!(壮絶な痛みに声を上げて助けを求める。だが助ける者は居ないだろう)
ジェイソン
今日の実験は良い記録が取れそうか?(部屋の二階部分の窓からその様子を眺めており、エリックに聞き)
エリック