ひとり劇場

イマジナリーフレンド

ぼく
どう?
きみ
ちょっと
きみ
場所が逆だよ
ぼく
ぼく
これでどうだい?
きみ
いいね
きみ
上のやつが気になるけれど
ぼく
まあ挙動は軽くなったでしょ
きみ
そうだね
きみ
話しやすい
きみ
で、君のストレスは消えたのかい?
ぼく
どうだろう
きみ
僕が思うにね、
ぼく
うん
きみ
君は電話が嫌なだけだよ
ぼく
たしかに
きみ
電話がしたく無いんだよ
きみ
それがストレスなんだ
きみ
腹痛を起こす程
ぼく
まあ出来ない訳ではないから頑張るよ
きみ
頑張りなよ
きみ
僕がカンペ作ってやるから
ぼく
頼もしいね
きみ
なんにも心配することは無いから
きみ
安心して寝てくれたまえ
ぼく
ありがとう
ぼく
よく寝るよ
きみ
おやすみ
ぼく
おやすみ
ぼく
Twitterのサブアカウントにも、現実にも、大学に行っていない事がコンプレックスのような人がいるので迂闊に大学生らしい事を言えずに困っている
きみ
言わなきゃいいじゃないか
きみ
そう言うのを気遣いと言うんだよ
ぼく
そうだよね
きみ
君は善意で言わない
きみ
それが嫌なら相手に嫌われる
きみ
というか面倒な事になる
きみ
どちらかって事だよ
ぼく
まあ前者の方がカッコいいよね
きみ
そういうこと
きみ
君の自己満足で配慮していると言う事を忘れずに
きみ
きみが損しているわけではないんだよ
ぼく
なるほどね僕が好んでやっていた事という訳か
ぼく
忘れかけていたよ
ぼく
ありがとう
きみ
いんやこんな事
ぼく
<画像>
ぼく
どうだいこれ
きみ
いいんじゃないかな
ぼく