ひとり劇場

Villians lair

 昔、昔、物語は呪いから解放され、皆幸せに暮らした。いわゆるハッピーエンドというものだ。・・・だが、それを良しと思わない者たちも少なからずいた。
Villians lair
Evil Queen
・・私は頂点でした。
世界一の美貌を持っていたんですもの。
Evil Queen
だが白雪のせいで私は落ちぶれてしまった。
あの娘さえいなければ、私はあんな醜い姿になる必要もありませんでした。
Evil Queen
許せない、許すものですか、いつか必ずその代価を支払わせてやる。
 
Maleficent
・・昔は私の名を聞けば皆震え上がったものだ。私こそが最強であり、何者も近づけさせなかった。
Maleficent
それなのにあの血も涙もない王子は私の腹を剣で突き刺した。あの王子には私の味わった・・いえ、それ以上の苦しみを与えてやるわ。
 
Captain Hook
復讐ならこの俺もだ!
ピーターにはやられっぱなしだ。そんなことをこの俺が許せると思うか?!
Captain Hook
今度こそピーターをあの憎きネバーランドと共に吹っ飛ばすんだ!ハーハッハッハッハ!海賊の恐ろしさを見せてやる。
 
Lady Tremaine
私の人生は完璧だった。このままいけば爵位にはつけたはず。
Lady Tremaine
でも、ガラスの靴のせいで滅茶苦茶になってしまった。いえ、ガラスの靴ではないわね、シンデレラのせいよ!
Lady Tremaine
だから私はあの子の幸せを奪ってみせる。私は不幸であの子が幸せだなんて、許せないわ。
 
Jafar
ワシはかつて世界最強の魔法使いだった。
Jafar
その力とワシの完璧な計画であれば、アグラバーなど簡単に支配できた。
Jafar
だがあのドブネズミに裏をかかれた・・。
ランプに閉じ込められてしまったんだ。
Cruella
Foo!
Jafar
今度こそは、ワシの知略でアグラバーの王になり、アラジンの息の根を止めてやるわ!
 
Cruella