ひとり劇場

自己解釈ミニ小説《ボカロ》

参考《アブノーマリティー・ダンシンガール》

蝶(あげは)
…………。
花ノ江 蝶 (はなのえ あげは)
だいたい平均的な学生。テストはいつも下の方。
いつも1人でいる。
蝶(あげは)
やっぱり、話しかけてくれる人なんていないか……。まぁそうだよね。
蝶(あげは)
うん、そうだよね。
そんな毎日を送っていた、蝶。ある日、蝶に話しかける人が現れた。
花奈(はな)
ねーねー!キミ、1人で寂しくないのー???
暁 花奈(あかつき はな)
クラスの中心で、明るい。勉強はいつもトップ。あだ名は神童。
蝶(あげは)
?!花奈、さん??
蝶(あげは)
まぁ…たまに寂しいですけど、もう慣れました。
花奈(はな)
そうなんだ!!てかさー、蝶の髪型いいなー!!
私も短めにしてみようかな……??
蝶(あげは)
そんな……!髪型……いいななんて言われたことなかったので……。でも…、花奈さんは今のままが…1番綺麗でかわいいと思います……。
花奈(はな)
そなの!!じゃあまだこの髪型でいようかなー!
じゃ!
蝶(あげは)
(なんか……花奈さんってクラスの中心だけど、ほんとは優しい人なのかも……!!もっと話したいなぁ……。花奈さんってどこら辺に家あるのかな……?もしかしたら……!花奈さんって私の事褒めてくれるし、もしかしたら好きだったり?!そうだといいなぁ……、きっとそうだよね!花奈さん……家どこにあるのかなぁ……。ふふふ、次いつ花奈さんと話せるかなぁ……。)
蝶(あげは)
あ、早く帰らないと!
急いで走り、なんとか怒られない時刻に帰れた蝶。急いで自分の部屋に向かった。
蝶(あげは)
ふふふふふふふふ……!
蝶(あげは)
でも……。花奈さんがこんな私を好きになるなんてありえないよね……。
ズキッ
?????????