Loading...

ひとり劇場

自己解釈ミニ小説《ボカロ》

参考《アブノーマリティー・ダンシンガール》

蝶(あげは)
…………。
花ノ江 蝶 (はなのえ あげは)
だいたい平均的な学生。テストはいつも下の方。
いつも1人でいる。
蝶(あげは)
やっぱり、話しかけてくれる人なんていないか……。まぁそうだよね。
蝶(あげは)
うん、そうだよね。
そんな毎日を送っていた、蝶。ある日、蝶に話しかける人が現れた。
花奈(はな)
ねーねー!キミ、1人で寂しくないのー???
暁 花奈(あかつき はな)
クラスの中心で、明るい。勉強はいつもトップ。あだ名は神童。
蝶(あげは)
?!花奈、さん??
蝶(あげは)
まぁ…たまに寂しいですけど、もう慣れました。
花奈(はな)
そうなんだ!!てかさー、蝶の髪型いいなー!!
私も短めにしてみようかな……??
蝶(あげは)
そんな……!髪型……いいななんて言われたことなかったので……。でも…、花奈さんは今のままが…1番綺麗でかわいいと思います……。
花奈(はな)
そなの!!じゃあまだこの髪型でいようかなー!
じゃ!
蝶(あげは)
(なんか……花奈さんってクラスの中心だけど、ほんとは優しい人なのかも……!!もっと話したいなぁ……。花奈さんってどこら辺に家あるのかな……?もしかしたら……!花奈さんって私の事褒めてくれるし、もしかしたら好きだったり?!そうだといいなぁ……、きっとそうだよね!花奈さん……家どこにあるのかなぁ……。ふふふ、次いつ花奈さんと話せるかなぁ……。)
蝶(あげは)
あ、早く帰らないと!
急いで走り、なんとか怒られない時刻に帰れた蝶。急いで自分の部屋に向かった。
蝶(あげは)
ふふふふふふふふ……!
蝶(あげは)
でも……。花奈さんがこんな私を好きになるなんてありえないよね……。
ズキッ
?????????
変わりたい……?
蝶(あげは)
なに、これ……。頭の中から声が……?
?????????
アナタ、いやアゲハちゃん、変わりたい?
蝶(あげは)
?!
蝶(あげは)
そりゃ、変わりたいですけど!!!
?????????
変わったら、《少し》いじょ……いや、あなたはこの心配はしなくていいよ。
蝶(あげは)
蝶(あげは)
でも……変われるならっ!お願いします、変わらせてくださいっ!
?????????
交渉成立ね!じゃあ……
蝶(あげは)
っ!頭、い、た、い……あ、た、ま、が……。ああああああああああああぁあああああぁあああああああああああああああああああぁぁぁ!!!!!!
不思議なことに、蝶の大絶叫は蝶の部屋の中にしか聞こえていないようだった。
叫び声が部屋の中に響いて、消えていく。
蝶(あげは)
…………
蝶(あげは)
まずはこの凡庸な服を捨て去って、新しい服を買わなくちゃだよね!ね、蝶ちゃん……♪
蝶は商店街まで走る。
蝶は……、その服を、亡くなった父の形見だということを忘れ去っているように見える……。なぜなら、蝶はその服をなんと言われようが着続けていたから……____
帰ってきた蝶は……。そのまま、ベットに倒れ込んだ。
次の日
蝶(あげは)
昨日買ったこのドレス……!蝶の飾りが付いていて、紫色で……!
蝶(あげは)
よし、今日は花奈さんを私の部屋に誘おう……!
放課後。
蝶(あげは)
花奈さん、良ければなんですけど……今日、遊びません??
花奈(はな)
(あー、昨日話しかけたやつか……。めんどくさいけど一応行ってみっか)
おー!ぜんっぜんOKだよっ!!!
じゃあ校門集合でいいー??
蝶(あげは)
もちろんですよ!!!!
それじゃ、また後で!!
花奈(はな)
(なんか、蝶……。変わった……?話し方は流暢だし、たどたどしくないし……。これは何かあったな。やばそうだし気になるから、人を司る神、鳳凰様に聞いてみるか……。
花奈(はな)
鳳凰様、アノ娘にはなにかが取り憑いてるようですか??
ああ、そう繧上i縺ウ縺?繧医?ゅ↑縺……
イヤ、トリツイテナイヨ……。
花奈(はな)
ありがとう、鳳凰様……!
校門前
蝶(あげは)
あ、きたきたー!!花奈さーん!!!!!!
花奈(はな)
やっほーっ!蝶ちゃん!!!!
蝶(あげは)
ちょっと目隠ししてもいいですか……??
蝶(あげは)
おもしろい所見つけたので!
蝶(あげは)
どうせならワクワクした方がよくないですかー??????
花奈(はな)
(?!)
花奈(はな)
うん、確かにそうだよね!じゃあバンド付けるねー!
花奈の視界は閉ざされた……
蝶(あげは)
こっちですよー!!!!
蝶(あげは)
転ばないように気をつけてくださいね!!!
花奈(はな)
(なんか……いつもの(?)蝶と違う気がするけど……。鳳凰様が大丈夫って言うんだから、大丈夫だよね。)
蝶(あげは)
もう、バンドをとっていいですよ。
花奈はバンドをとる。そこには、とても大きな……
花奈(はな)
劇場……?!
蝶(あげは)
ええ、そうです!!
蝶(あげは)
じゃあ……そこに座っていてください!!!
花奈(はな)
う、うん。
蝶は壇上に上がる。
蝶(あげは)
まもなく開演致します……。作品名は……
蝶(あげは)
アブノーマリティ・ダンシンガール。
花奈は全てを悟った。
蝶(あげは)
十分にお楽しみください。
それと同時に。あの思いは……蝶を繧上i縺ウ縺?繧医?ゅ↑縺と思ったのは……きっと、蝶にあけすけだったのだな、、と。
花奈(はな)
だから、鳳凰様も何も喋らなかったんだ……って待って……え、でもそれなら取り憑いてないわけで……でも蝶には何かが取り憑いてるハズ……?!まさか……鳳凰様すらも押さえつけられるレベルのものが……?!
嗚呼。
もっと早く気づけばよかったんだ。
壁一面に貼られた蝶の標本。
その中心には……
空間があった。
そこに貼られているラベルには。
[花奈]
と書いてあった____
蝶はいつの間に持ったのか、針を手にしている。
花奈(はな)
嗚呼____
蝶(あげは)
ふふふふふふふふ……!
蝶は笑っている
なんで?
蝶(あげは)
ふふふーっ!ひーみーつー!
花奈(はな)
なんで笑える……
花奈(はな)
そう。蝶の顔は。全く。
《《笑っていなかった》》
蝶(あげは)
ずっと一緒だよ、花奈____!
グサッ
自分の手足が突き刺されていくのに。
花奈は恐怖を感じなかった。
最後のひと針が。
自分の……心臓に向けられたのに。
怖くなかった。
何故か。
何故か、
蝶が……【[可哀想]】になったんだ。
花奈(はな)
じゃあね。あげは……!
蝶(あげは)
え、、花、、奈、さん……??
頭に響く。
狂え。
と。
狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え狂え
ずっと叫ばれる。
気づくと蝶は鏡の前にいた。
蝶(あげは)
ねぇ、貴方……だれ?
返答はない。
あはっ。
何故か、、笑えてきたんだ。
蝶(あげは)
花奈さん!
蝶(あげは)
ほら、見てよ!ほら、触れてよ!
蝶(あげは)
凡庸な服を捨て去って。
蝶(あげは)
透明な服で着飾って。
蝶(あげは)
今蛹から。蝶になるの。
蝶(あげは)
だから____
気づいた。
あれ。
私が自問自答してやっと掴んだ新しい自分。異常な自分は。なんのために____手に入れたかったのだっけ。
蝶(あげは)
さよなら、蝶ちゃん。
終演
?????????
作者です。初投稿(?)ということで、お気に入りのボカロ、《アブノーマリティー・ダンシンガール》の自己解釈ミニ小説的なものを作ってみました。
本家様もぜひぜひ、聞いてみてくだいね!

67  

投稿日時:2021-04-21 17:29
投稿者:全て偶像の所為です。
閲覧数:3

> 全て偶像の所為です。さんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る