ひとり劇場

必要とされたかった

こんにちは主です。backnumberの水平線を聴いていたらふっと浮かんで即興で作りました。下手くそなので内容がぐちゃぐちゃです。すみません。でもbacknumberの水平線はとてもいい曲なのでぜひフルで聴いてください!

天死
こんにちは主です。
初投稿です。
よろしくお願いします ((○| ̄|_
下手くそなのでつまらないと思います。
許してください<(_ _)>〈 ゴン!〕
                      
                    
                       
                    
                    
                    
                    
       登場人物         
百合紗
百合紗(ゆりさ)
・お嬢様
・兄と妹がいる
・家族や周りに邪魔者扱いされる
・周りの環境が苦痛で家出した
夏斗
夏斗(なと)
・体育会系男子
・あるグループのリーダー
・百合紗を仲間として迎える
                      
                    
                       
                    
                    
                    
                    
百合紗
疲れたの!!
もう放っておいて!
誰にも必要とされなかった
両親、兄妹でさえも必要としなかった
誰でもいいから必要とされたかった
夏斗
お前には、俺らがいるだろうが!!
頼れよ!もう一人じゃないんだろ、
百合紗
うあぁぁぁぁぁぁぁぁ
ごめん、ごめんなさい、
(泣いています。)
夏斗
俺らはお前の仲間だろ、
もう一人じゃない、みんながいる
必要とされてるんだ、頼っていいんだ
百合紗
ありがとう、みんな




                     
                 fin 
      
                
                    
                    
                     
                     
                    
天死
お付き合いありがとうございました
      m(_ _)m
本当にありがとうございました!!

1  

投稿日時:2021-04-10 02:13
投稿者:天死
閲覧数:34

↑このページの先頭に戻る