ひとり劇場

みんなの為の相談部

東方のキャラとオリジナルのキャラが出ます。

序章
私は霊夢。東方中学校の2年。
博麗 霊夢
おはようございます!
霧雨 魔理沙
おはよう霊夢!
花咲 ルナ
危ないわね、もうすぐ遅刻するところよ。
霧雨 魔理沙
なぁ、私ら部活に入ってないだろ?担任に部活には入っとけって言われてるんだ。
博麗 霊夢
そうね、でも私たちの学校は強制部活じゃないでしょ?
霧雨 魔理沙
それが、来年から強制部活になるんだよ。
花咲 ルナ
ただの噂じゃないの?
霧雨 魔理沙
それが、担任がさっきの話と一緒に話してくれたんだよ。
霧雨 魔理沙
いきなり強制部活を始めるから部活の競争なる前に目星をつけておけよって言われたんだ。
博麗 霊夢
や、やばいわね。
花咲 ルナ
そんなに言うほどかしら?
博麗 霊夢
だって、どこにも入れそうなところがないから部活に入ってないのに、強制部活なんてされたら…
花咲 ルナ
されたら?
博麗 霊夢
絶対ハブられる!
霧雨 魔理沙
そんなことかよ!お前はみんなとすぐ仲良くなれるタイプだから全然大丈夫だろ。
花咲 ルナ
まぁ確かに霊夢みたいな心配はあるわね。
そんな話をしていたら、魔理沙が得意げな顔をして話し始めた。
霧雨 魔理沙
だったら、私らで部活を作ってしまおうぜ!
花咲 ルナ
え?
博麗 霊夢
え?
そりゃ驚くのは無理もない。
この学校では"ある"部活を除いて、先生が部活を作っているのだ。
花咲 ルナ
でも魔理沙…そんなことしたら確実にバッシングされるわよ。
博麗 霊夢