ひとり劇場

ある屋敷の会話

屋敷の主人が帰ってから寝るまでの会話

とある屋敷の話
クローデル
お帰りなさいませ、ご主人様。今日はどちらに?(玄関で迎える)
アンドレイ
ただいま、クローデル。仕事が忙しくてね、ある部屋で終わらせてきたんだ。自身の部屋へ向かい歩きながら)
クローデル
左様ですか。何かお飲みになりますか?(アンドレイについて行き)
アンドレイ
いや、今夜はもう遅い。明日も仕事があるから、寝るとしよう。(部屋の前でクローデルに)
クローデル
畏まりました。用があれば、なんなりと。(ぺこりとお辞儀)
アンドレイ
クローデル、(引き止め)ミリアを部屋に連れて行ってくれ。(ポケットから出して)寝ているから起こさぬように。(クローデルに渡す)
クローデル
畏まりました。ご主人様もゆっくりおやすみになって下さいませ。(もう一度お辞儀をして、ミリアを部屋に連れて行く)
アンドレイ
(部屋を開け、寝る準備をする)今日も良い一日だった。明日は何があるかな…(そう呟き、ベッドに入り就寝)

2  

投稿日時:2021-03-29 08:42
投稿者:教授
閲覧数:55

↑このページの先頭に戻る