ひとり劇場

日常組さんと琥珀ちゃん

♪4 不幸

ギィィ
ふー
あれ
読んでみるか
ペら
ペラペラ
<entryImage>0bf22bc6-6a68-4984-a42f-52f44ab0f254
?!
そうゆうことなのか・・・
パタ
ギィィ
タッタッタッ
そうだったのか
(ずっと不思議に思ってた。竜の目の色は、黄色・黒・青・緑しかないはずなのに、私は赤)
(そして、先生がわたしにこの国の歴史を見せたがらなかった理由)
(そして、なぜ今年が竜王の代替わりなのか)
(1000年に1度の竜王の代替わり、その琥珀の娘がわたしだったんだ。そして、この舞も・・・)
(そして、今日の明朝わたしは、力が覚醒する)
どうしたらいいの?
おかぁさん(ノェ・、`)
カーンカーンカーン
村の警報だ
はぁはぁ
村が燃えてる・・・
村の男の子
おねーちゃん
村の男の子
た……す……け……
しっかり
どうして
火のまわらないところへ
<entryImage>f0c79e96-0070-44e9-9281-87a7ece8a023
あそこへ
手当しておくから、ここで寝てて
村の男の子
う……ん
皆ー
みんなー!
炎は、燃え上がり村を包み込んでいた
そして、ひとつの影か見えた時、彼女は、目にした悲惨な光景を
な…にこれ
そこには、傷ついた人の遺体と闇に包まれた1人の男の影だった
男の周りの人が攻撃をした
うわぁッ!
ッツ
(頭が痛い・・・
打ったのかうっ)
<entryImage>19539f6f-e685-4726-a296-da5916668f51
(私の目に、写ったは、男の笑顔だった)
そして、こう言い放った
青竜 海斗
これで、予言は消えたな
青竜 海斗
フッ
青竜 海斗
青竜 海斗
(光があの女に集まっている・・・)
ムク
よくもよくも(怒)
許さん
ゆるせん!
ピカー
青竜 海斗
あの女に光が!
青竜 海斗
眩しすぎる
初代琥珀の娘 琥珀
久しぶりね
初代琥珀の娘 琥珀
海斗
青竜 海斗
お前は、琥珀!
青竜 海斗
お前は、死んだはずじゃ
初代琥珀の娘 琥珀
わたしは、この少女の体を借りているだけ
初代琥珀の娘 琥珀
わたしは、この子に宿っているの
初代琥珀の娘 琥珀
やめなさいこんなこと
青竜 海斗
1万年の眠りからやっと出れたのだ。いまから、派手な復讐劇の始まりだ
青竜 海斗
お前と話している時間が無駄だ。さらばだ。
初代琥珀の娘 琥珀
(。-_-。)そう
初代琥珀の娘 琥珀
では、仕方ないわ
初代琥珀の娘 琥珀
この子の怒りに任せるしかないわ
キラ
あなただけは、許せない
青竜 海斗
ちっ!
青竜 海斗
命の森の精霊め
蔓の舞
キッン
激しい争いが続き
海斗は、怪我を追いながら消えてしまった
バタッ
はぁはぁ
み…ん…な…
そこで彼女の意識は途絶えた
しかし、淡き光が村を包んだのだった
<entryImage>6adfd976-d64b-4418-9e51-391b8b44f29a

 

投稿日時:2020-12-12 08:30
投稿者:琴座
閲覧数:17