ひとり劇場

【いつか魔女の丘で】序章:歴史の始まり

魔女の丘 創作 長編 みんな会議 魔女

メルセデス=ラッセル
デロアギニア歴603年 春の月
陰るスラムに陽の風が吹く頃
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
……っと。
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
入り組んだスラム街は、生まれた時から住んでいる私にとって、いくら走ろうともぶつかることの無い、子供騙しのつまらない迷路のようなものだった。私はいつも、目が覚め、家の支度を済ませたら、こうやって一直線に街の中を泳いでいくのだ。
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
……しばらくすると目印が見えた。
小さな路地の端に敷かれている、安っぽい胡坐と、その上に腰かける、しわがれたババアだ。狭々と腰を降ろすババアの様子は、この寂れたスラムの中でも特に見にくいものであった。
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
よお。また遊びに来たぜ、ババア
老婆
……なんだい、また来たのかい。こんな婆に、あんたもよく執着するもんだよ。これだから馬鹿餓鬼は
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
いいだろ別に。ただ話を聞いてるだけなんだから
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
それにアンタの話は実に愉快だからな。ばっかばかし、よくもまあ、そんな嘘が尽きないもんだ
老婆
誰がホラ吹きなもんか!生意気な若造めが!
アセビ
ババアはそう言って、近くに転がっていた石粒をシワまみれの手で掴み取り、礫を私へふりかけた。
なに、動揺することはない。これが私とババアの間に芽生えた、敵対心とも呼べるような奇妙な友情の新芽である事を、私達は互いに理解し合っていたのだ
アセビ
暫く黙っている。
ババアの方から根負けして、ハアァ、とため息。
老婆
……まあ、仕方ない。アンタみたいな物好きがいる限り、私は伝えていかねばならないからね。我々の"運命"を
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
だいぶ昔に聞いた奴だな。それも、この「魔女の烙印」がアタシ達を奴隷にしてるっていう、ごく簡潔にまとまった悲劇もどきだ
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
ババアは「よく覚えてるじゃないか」と言って、喉の奥底に痰の詰まったような、汚い笑いを上げた。
不潔だとは思うが、不快ではない。
老婆
お前のソレは、確か肩にあったね?
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
そうだよ。全く、こんなんじゃ目立って仕方ない
老婆
そう言って薄汚れた服を脱ぎ、肩を露出させる。私の柔肌には、忌々しい紅色の模様が煌々と生きていた。
老婆
……おやおや、こんなになっちまってるだなんて……お前に巣食う"モノ"は、随分と大きくなっちまったねぇ
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)
ああ。アンタら、ひいてはアタシら全員が口を揃えてそう言うよ。「お前の烙紋はまるまる肥えている。それは吉兆の印だ」ってな。
老婆
……我々にとって枷でしか無いそれに、なにか希望を見出したいのさ。不幸のタネが大きい人間は、いずれそれ見合うほどの幸福を得る……どうせ、いずれお前が将来皆を解放するとでも夢見てるんだろう。実に楽観的、自分本位な考えだ
ハイジ=ルヴェルテュール(幼年期)