Loading...

ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第11話 

最初投稿した時文が長すぎてエラー出たので減らしまた。第1層もあと少しで終わりです。

キリト
だが、断る。
アルゴ
なんでだヨー。同じβテスターのよしみでなんとかしてくれヨ。
キリト
あのな、迷宮区が発見されてこの層の攻略も終盤に差し掛かってるのに、他のプレイヤーに今更教えている暇なんて俺にはないぞ。
アルゴ
いいじゃないカ。それにボス攻略に人数が足りないなら丁度いいだロ?
キリト
そもそも俺はそのプレイヤーに会ってないんだからどれくらいの強さなのか分からないんだよ。
アルゴ
もー人間不信だナ。分かったヨ。なら、オレっちの持ってるとっておきの情報を後でやるかラ。
キリト
うっ....
キリト
(正直アルゴの持ってる情報は貴重な物ばかりだ。それをタダで手に入れられるのは大きい。...が、ユウキに加えてもう1人戦術を教えるのは俺的に厳しいぞ。ユウキはもう殆ど基礎は終わってるとはいえ、まだボス戦に挑むには足りないレベルだし。)
ユウキ
いいじゃん。会うだけ会えば?
キリト
ファっ!?ユウキ、いつからそこへ!?
ユウキ
さっきから居たよ。
アルゴ
おーっとキー坊。多数決で決まりそうだナ。
キリト
あのなぁ...
ユウキ
それに戦術を教えておけば、その人がボス戦に挑む挑まないは別として、死んじゃう確率は大幅に減ると思うけど?
キリト
....確かにここで拒否してその後死なれたら目覚め悪いが...
キリト
ユウキはいいのか?特訓に割く時間が減るぞ?
ユウキ
構わないよ。それよりボクは1人でも多くこの世界で生き抜いてほしいかな。
アルゴ
決まりだナ。明日、トールバーナーで合流しよウ。時間は10時半でいいカ?
ユウキ
うん!
キリト
ハーーイ。
キリト
(まさかこんな事になるとは...まぁ迷宮区の攻略もボチボチ進んでるし、問題ないか?)
キリト
(...プレイヤーが足りないのも事実だしな。)
キリト
翌日の10時半
キリト
時間ぴったしに到着だ。
ユウキ
キリト...どうでも良いけど5分前行動って知ってる?
キリト
ナンダソレハ!?
ユウキ
はぁ...(呆れ)
アルゴ
よ、キー坊。
キリト
おっす、アルゴ。で、件のプレイヤーは?
アルゴ
オレっちの後ろだ。
アルゴ
おイ、こいつは信頼できるから大丈夫って言っただロ?心配するナ。
アスナ
......はい。
アスナ
はじめまして。アスナです。
ユウキ
へぇーっ!アスナって言うんだ!ボクはユウキだよー。
キリト
........
キリト
キリトは脳内で驚愕していた。どんなプレイヤーが来てもいいと覚悟はしていたが、来て早速驚いた。女性だったのだ。しかもその容姿は現実でも見たことのないほどの美貌。はっきり言って可愛かった。
キリト
よ、よろしく。俺の名前はキリトだ。
キリト
(ヤベェーイ!ユウキに加えてこの綺麗な人が俺の元に来るだと!?何の因果だ)
キリト
(この世界は思春期男子を殺す気か!?おのれ茅場ァァァ!!)
ユウキ
(....女の人だ。キリトはニヤけてるなぁ。なんか腹立つ。)
キリト
で、早速だけど、君の今の強さを知りたいんだけど...
アスナ
レベルは11で、使ってるのは細剣です。
キリト
思ったよりレベルは高いな。これなら2日くらい真剣に育成頑張れば、最前線に余裕で追いつけるぞ。
アスナ
...!本当ですか!?
キリト
あぁ。ただし楽な道じゃないぞ。覚悟はしておけ。
アスナ
覚悟ならできてます。この世界に巻き込まれた時から。
キリト
....いい覚悟だ。
キリト
第1層 迷宮区
キリト
ユウキといいこの人といい、どうしてそんなに飲み込みが早いんだ?俺は悲しいぜ。
キリト
キリトはアスナに戦闘のコツを教えた。具体的には、エネミーにはそれぞれウィークポイントが設定されているからそこを攻めろとか、ソードスキル後の反動も考えてスキルを打てだの、少しうるさいくらい言ったのだが、アスナはものの2時間でほぼ完璧にしてしまった。
ユウキ
すっごぉ....
ユウキ
ボクよりずっと上達が早いや。君もフルダイブの適正あるんじゃないの?
アスナ
フルダイブの適正?なにそれ?
ユウキ
適正があると普通のプレイヤーには出来ない動きや、圧倒した動きができるってキリトが言ってたんだ。
アスナ
キリトってあの人よね。何者なの?
ユウキ
すっごく優しくて強い人だよ。まぁ...優しすぎて時々騙されないか心配になるけど。
アスナ
......
アスナ
貴方も優しいんじゃない?今日会ったばかりの私とこんなに近づいて話すなんて。
ユウキ
そう...かなぁ?何かアスナは近くに居てくれるとキリトとは別の意味で安心するんだよー。
ユウキ
何かお姉ちゃんに雰囲気が似ててさ。
アスナ
お姉さんか....
キリト
(さすが女の子同士か。打ち解けるのが早いな。アスナは未だに俺に敬語だし。明らかに同い年かそれ以上なんだから普通にタメで話してくれないとこっちもやりにくいんだが。)
キリト
あ、忘れてたアスナ。パリィって知ってるか?
アスナ
それなら。他の人がやってるのをフィールドで見て練習したら出来ました。
ユウキ
秀才だね。
キリト
じゃあスイッチって知ってるか?
アスナ
Switch....たまにCMでやってるアレ?持ってないんですけど。
キリト
.....ユウキも同じこと言ってたな。
キリト
まぁ、今から教えるよ。
アスナ
1時間後...
キリト
アスナ!スイッチ!
アスナ
せやぁ!
キリト
っと...もう仕上がったな。基本的な動きを既に身につけてたから教える事殆ど無かったぞ。
アスナ
....ありがとうございました。これでこの先戦っていけますかね?
キリト
少なくとも5層辺りまでは今の技術を高めていれば戦っていけるさ。その先は人のじゃなくて自分自身に合ったプレイスタイルを磨かなきゃいけないな。
アスナ
分かりました。
キリト
....最後に言っとくけど、俺はあまり敬語好きじゃないんだ。無理にとは言わないができればタメ口で話してくれ。
アスナ
...........分かったわ。
キリト
(意外と素直。)
アスナ
じゃあ今日はこれで。次はボス戦で会いましょう。
ユウキ
ねぇ、アスナってどこで寝泊りしてるの?
アスナ
?寝泊りなんてしてないわよ。モンスターが比較的居ないところで、仮眠とってる程度ね。
ユウキ
!?
キリト
!?
キリト
あんた何考えてんだ!危なすぎる!せめてはじまりの街に居るべきだろ!
アスナ
あそこに居るとプレイヤーがやたら話しかけてきてイライラするのよ。
ユウキ
じゃあさ、ボク達が泊まってる宿屋に来ない?少し高いけど部屋は空いてるよ。
アスナ
.....私の持ってる額は少ないから無理よ。
ユウキ
じゃあボクの部屋で一緒に寝ない?
アスナ
どうしてそこまでしてくれるの?
ユウキ
今日一緒に戦ったじゃん!ボクと話しもしてくれたし、こうするのは当然の事だよ!
アスナ
....本当に良いの?
キリト
良いと思うぞ。フィールドで仮眠はあまりにも危険だ。ユウキの好意を受け取るんだな。
アスナ
....お世話になるわ。
ユウキ
ようこそ!
ディアベル
あー、会話中良いかな?
キリト
誰だあんた。
ディアベル
俺はディアベル!君たちに話がある!
ユウキ
ごめんね。流石にこれ以上人は泊められないかな。
ディアベル
違う!そうじゃない!
ディアベル
君たちは迷宮区に居るってことはこの世界のクリアを目指しているんだろう?
ディアベル
実は明日、トールバーナーで第1層ボス攻略会議を行うんだが、君たちも来ないか?
キリト
ボス攻略会議って....人数は集まってるのか?俺達だけじゃ明らかに足りないぞ。
ディアベル
もちろん。ここに来る前にも他のプレイヤーに声をかけたよ。集まってくれるかはまだ分からないけどね。
ユウキ
ボス攻略....キリト、どうする?
キリト
俺は行くよ。いつまでもこの層に留まってるわけにはいかない。攻略人数が足りなくて困ってたが、明日集まるかもしれないなら尚更だ。
ユウキ
だよね。ボクもそう思うよ。
ユウキ
....アスナは?
アスナ
言ったでしょ。この世界に来た時から覚悟はできてるって。私も当然行くわ。
ディアベル
そうか...!では明日12時、トールバーナーで待っている。
ディアベル
そう言うとディアベルという男は去っていった。
アスナ
何というか...変わった人ね。
ユウキ
そうだね。不思議と人を引きつける力があるような...そんな気がするよ。
キリト
ああいうプレイヤーは現実でもきっと人を導けるんだろうな。
キリト
明日攻略会議があるなら...今日は早めに宿屋に帰るぞ。
ユウキ
うん!そうしようか!
アスナ
...改めて、お邪魔します。
アスナ
宿屋
キリト
ユウキ、アスナの事頼んだぞ。
ユウキ
了解でーす!
アスナ
(...2人とも仲良いのね。)
アスナ
そうしてキリトとユウキはいつも通り別々の部屋に入っていった。
キリト
はぁ...アスナが来たと思ったら、明日はボス攻略会議...最近は随分濃厚な日を過ごしてるなぁ。
キリト
明日の会議に果たして何人来る...?フルメンバーで48人だが...いくらなんでもそこまで集まらないか。
キリト
まぁ、明日になれば分かるか....
ユウキ
ねぇアスナ!キリトってどう思う?
アスナ
え!?どう思うって...普通に強いなーとは思うけれど...
ユウキ
だよね!やっぱりキリトって強いんだよ!ボクはキリトのそういう所に惹かれて一緒に冒険してるんだ!
アスナ
へぇ....
アスナ