ひとり劇場

さよひな

日菜
氷川家のリビング
日菜
さ〜よ♡
紗夜
さ、さよ…?
日菜
たまにはこういう呼び方もいいかなーって思って♪
紗夜
紗夜って……そう呼びたいのなら別にいいけど///
日菜
うーん、それほどでもないかなぁ
紗夜
あなたねえ……
日菜
だって!おねーちゃんはおねーちゃんなんだもん!
日菜
だからおねーちゃんって呼ぶのが一番しっくり来るかなあ
紗夜
そ、そう……
紗夜
……あの……でも……
日菜
……?
紗夜
……時々なら紗夜って呼んでもいいのよ///
日菜
えっ、やだよ
紗夜
どうしてよ!
紗夜
5分しか生まれる時間が違わないのよ!?別に呼んでもいいじゃない!
日菜
だっておねーちゃんはおねーちゃんなんだもん!5分だけでも私より先に生まれて来たのがおねーちゃんなんだよ?
日菜
だから、おねーちゃんって呼び名を捨てたくないよ……私とおねーちゃんを繋げる魔法の言葉なんだもん……
紗夜
……………………
紗夜
日菜…………
紗夜
あなたは私にとって世界で1つの大切な人よ
紗夜
だから、その繋がりが呼び方1つで変わるなんて事絶対にないわ
紗夜
あなたの好きなように呼びなさい
日菜
おねーちゃん……!
日菜
ありがとう……
日菜
それでも、おねーちゃんはおねーちゃんだよ
日菜
それは繋がりが壊れる事に怯えてるからじゃなくて
日菜
きっと……私がそう呼びたいから
日菜
だから、おねーちゃんって呼びたいな
紗夜
……好きにしなさい
紗夜
(ありがとう。私の妹に生まれてくれて)
紗夜
(自然とそう思えたことが、とても嬉しかった)

3  

投稿日時:2018-03-19 23:26
投稿者:dazma
閲覧数:12

> dazmaさんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る