Loading...

ひとり劇場

悪の六つ子①

これは【悪の娘】や【悪の召使い】などを六つ子でやってみた、というものです。所々違いますがネタバレ注意です!あと、悪の娘などはボカロや本になっています。面白いので是非みてください!※悪の娘などはバッドエンドですが、これはハッピーエンドにしようと思っています。だ、だってバッドエンドって悲しいじゃないですか!あれ見て私号泣したんですよ!そして自分でハッピーエンドにすれば良いじゃないか!って思ってこれ書いたというわけです。あと…スミマセンでしたああああああ!!たくさんシリーズ物書いてんのになんで次から次へと書いてんだ!と思ったそこのあなた!書いてみたかったんですよ!(前回の使い回し)それにですね、待ってた人も居ないと思いますが私iPadでやってるんですよ。でも前のアップデートで急に投稿出来なくなっちゃって…。だからずっと投稿出来なかったんですよ!でも今回運営さんがアップデートで出来るようにしてくれたので今投稿出来てるんです!本当に運営さんありがとうございます!あと続くか未定です(´・ω・`)でもイイねがたくさん付いたら続きます。では長くなりましたがどうぞ見て下さいm(*_ _)m

一松
ほらひさまづけ、俺の命令は絶対だ。わかってるな…?
ヒヒ…あー楽しい。
一松
昔、悪逆非道の国の頂点に君臨する14歳の王子「一松」がいました
王子はわがままでいつも国民達を苦しめていました
国民
うぅ…これでは餓死してしまう…
金もなにもかもない、もう死んでしまうのか…
国民
誰か助けて…お腹が空いたの
国民


十四松
一松兄さん、今日は青の国で大切な会議があるよ!
一松
あぁ、確かそうだったな…。
まぁ適当に終わらすか。
カラ松
青の国
カラ松
お会いできて光栄です。紫の国の一松王子ですね?
一松
あぁ…
カラ松
今日の会議の内容は…
一松
(こいつカッコいいじゃん。気に入っちゃった…ヒヒ
カラ松
…ということなんです。どうですか?
一松
ねぇ
カラ松
はい?
一松
俺君のこと気に入っちゃった。名前は?
カラ松
カラ松です。ですが、スミマセン。私は好きな人がいます。
どうぞ諦めてください。
お詫びとして女を一松王子に送りましょうか?勿論上玉のものを
一松
…そうか。いや、女はいい。
それじゃあカラ松王子、あなたの好きな人を教えてもらえない?
カラ松
緑の国のチョロ松王子だ。
では、これで。
一松
あぁ。
一松
…十四松、今から緑の国へ行くぞ。
十四松
りょーかいでっす!
一松


一松
急にスミマセン、あなたが緑の国の王子ですか?
チョロ松
え、あぁ。僕は緑の国の王子、チョロ松。君達は?
一松
俺は紫の国の王子、一松。
十四松
僕は一松にーさんの召使いの十四松!
チョロ松
そっか、こんな何もないところですがゆっくりしてってね。それより何か用でも?
一松
いや、たまたまこの近くで用があってその帰りに寄ったんだ。この町はいいって聞いたからね。
チョロ松
そうですか(^_^)
ありがとうございます。どうぞ満喫してってください。
十四松
(あの笑顔…素敵だな
一松
あぁ、そうさせてもらいます
一松
…帰るぞ。
十四松
え、もっといたいな…
一松
おい、俺の言うことが聞けないのか?
十四松
ち、違うっス!じゃあ帰ろーか!兄さん!
一松


一松
なんでだよ!なんで俺のモノにならない!
あいつのどこがいいんだ!
仕方ない。
十四松、緑の国を滅ぼしてこい。
十四松
…はい
一松
バタン(扉を閉める
十四松
(あれ…?なんで、なんで涙が出てくるの?
でも一松にーさんが緑の国を滅ぼしてほしいなら僕もそれに従うしかないんだ。
国民












国民
きゃー!!!
国民
お母さんどこ?お母さん!
国民
や、やめてくれ(ドサッ 倒れる
国民
お願い、やめて!誰か助けて!
チョロ松
ヒッ…や、やめろ!う、うわぁぁぁぁぁ!
十四松
ゴメンね…
一松










一松
あ、おやつの時間だ。
十四松
はい、一松にーさん!
一松
あー、ありがとう。十四松
十四松
えへへ!
国民






国民
もう、我慢できねえ!
国民
あぁ、あんまりにも酷い!もう我慢の限界だ!
国民
おそ松、お前剣士だろ!助けてくれ!
おそ松
まぁ俺もあの王子気にくわないからいいよ。ただし俺一人じゃ無理だ。国民全員で、な。
国民
そんなことわかってる!みんなでいけばすぐ倒せる!
国民
あぁ!
おそ松
じゃ、いっちょ行きますか!
おそ松








十四松
一松にーさん、国民達が攻めてくる。
このままじゃ一松にーさん危ないから僕の服着て逃げて!
大丈夫!僕達双子なんだから誰も気づかないよ!
一松
ありがとう、十四松。
十四松






おそ松
見つけたよー、王子様!
あ、そうそう。家臣達は全員逃げちゃったよ?
十四松
無礼者!触るな
おそ松
あー怖wまぁ王子様色々しちゃってくれてるから多分死刑だよ?
十四松
それがなに?
おそ松
怖くねーの?
十四松
怖くないよ(一松にーさんが助かるなら
おそ松
へー…
おそ松
ま、触られるの嫌ならちゃんとついてきてね?
十四松
あぁ(一松にーさんに似てるかな…
十四松




牢屋




十四松
にーさんどうしてるかな
十四松
処刑の時間は午後三時…僕ももうすぐチョロ松さんのもとへ行けるかな?
トド松
処刑の時間です
トド松
カーン カーン
十四松
あ、おやつの時間だ
十四松
シャキーン
おそ松
待て
トド松
え?
十四松
あれ、僕まだ死んでない?
おそ松
あぁ、死んでないよ。誰も
十四松
えっ?
チョロ松
そうそう、勝手に殺さないでよ?
十四松
チョロ松さん?!
え、だって僕が剣を…
チョロ松
君、ほんとに殺す気あった?確かに剣は刺さったけど急所を狙わなかった…
チョロ松
だから僕は死ななずにすんだんだ
おそ松
あと本物の王子様もちゃーんと生きてるよ
十四松
一松兄さん!?
一松
十四松…
おそ松
まぁ色々しちゃってくれてるから本当は殺そうと思ってたんだけど…
流石に兄弟は殺せないでしょ?
十四松
えっ?
一松
どういうことだ?
おそ松
俺らってさ、六つ子なんだよ。
一松
は?
十四松
え!?
おそ松
まぁ信じられないよな、俺もついさっき知らされた。でも殺される前で良かったよー!
チョロ松
ほんとだよ、兄弟が殺されてからじゃ遅いからね
一松
ちょっと待て、状況がよく分からないんだけど…
十四松
うんうん!
おそ松
あぁ〜そうだよな。
チョロ松
話すのは兄弟全員揃ってからでよくない?
おそ松
そうだな。
トド松
あの、さっきから何の話をしているんですか?そして貴方がたは誰ですか?
おそ松
そうそう、お前も俺らの兄弟だぜ?
チョロ松
ん!?
一松
は!?
十四松
えっ!?
トド松
はぁ!?
おそ松
だーかーらーさっき俺ら六つ子って言ったじゃん?その中の一人はトド松!お前もって事!
トド松
で、でたらめ言うな!僕は一人っ子で身内なんか一人も居ないんだ!
おそ松
だからその説明を今からしたいから、ちょっと此処抜け出したいんだけど?
一松
ぬ、抜け出すって…そんなの無理に決まってんだろ?だって今まで許されないようなほどな事を俺はしてきた。その王子が皆んな憎くて殺されるのを皆んな待っているんだ。
そんな時に抜け出せるわけないだろ!
おそ松
大丈夫、そういうのは俺がやっとくから!
で、此処を出る方法をトド松が教えくれさえすれば出れんの。
十四松
凄いっすね!
おそ松
だろぉー?
チョロ松
そんな事良いからさっさと此処出るよ。で、どうすれば出れるの?
トド松
…来て
国民
おい、さっきから何してんだ?
国民
さあ…ていうかあいつら誰だ?
おそ松
じゃ、逃げんぞ!
チョロ松
おう!
一松
あぁ…
十四松
逃げマッスル!
トド松
僕が案内するんだけどね…
トド松
悪の六つ子②に続く

51  

投稿日時:2016-07-27 10:46
投稿者:なつ松
閲覧数:81

> なつ松さんの作品一覧をみる

↑このページの先頭に戻る