Loading...

ひとり劇場

六兆年と一夜物語をおそ松さんでやってみた。

はい、なつ松です!!最近暑くて死にそうです…“六兆年と一夜物語“というボカロの曲知ってますか?私は昨日ハマりました!それで聞きながら、「あーこれおそ松さんでやってみたいなー。」ってことがあり作りましたw話は短いけど歌詞とかあとがき(?)とか書いたら長くなったw歌聴きながらの方が楽しいと思います〜!知らないひとは聞いてみてね!!いい曲だから!!

一松
これは《六兆年と一夜物語》の歌詞をおそ松さんでやったら…という感じです。
六兆年と一夜物語は歌です。知らない人は聞いてみてください!
一松
とある名も無い時代。ある集落に生まれた一人の名も無い少年の誰も知らない物語…
大人
お前なんか要らない存在なんだ!ドンッ(少年を蹴り飛ばす
一松
ガハッ…!?
大人
お前なんか死ねばいい!誰もお前なんか必要としてないだ!!バンッ(少年を殴る
一松
うっ…
一松
そう、少年は生まれついた時から忌み子、鬼の子として罰を受けてきました。
そんな少年を救おうと一人の女性が少年の手を引いて集落から逃げようとしました。
しかし…
女性
今のうちに逃げましょう!
大人
おい、なにしてんだ!
大人
殺せ!!殺せ!!
大人
バン!!(銃声
女性
バタっ(倒れる
大人
チッ…余計なことしやがって!
一松
(…寒い
一松
(僕はなんでなにをされても死ねないの?夢を見ることもできないのに
一松
夢を見ることもできず、死ぬこともできないのに少年の物語は夕焼けの中に消えてしまいました。
大人
ドン!(殴る
大人
バン!(蹴る
大人
吐き出すような暴力と蔑んだ目で見られる日々、そんななか少年の前に一人の少女少年の前に現れました。
「少年に話しかけてはならない」そのことはこの集落の誰もが知っていました。
ですが少女は違いました。
十四松
君の名前が知りたいな
十四松
少年は初めて他人から名前を聞かれました。でも少年は身振り手振りで少女に伝えました。
一松
(ごめんね、僕は名前も舌も無いんだ
十四松
一緒に帰ろう?
一松
(僕は帰るところもない…
一松
ですが少女は少年の手を引いて駆け出しました。
一松
(他人の手の温もりは本当に本当のことなんだな…
一松
夕焼けのなか、集落に忌み子が“二人“逃げ出しました
一松
ですがこの時すでに少女は一人の女性へと成長していました。
でも少年はそれに気付きませんでした。それは、少年は永遠に子供の姿のまま、なにをされても死なない体に生まれていたからです。
一松
本当はもう、何千年、何億年もの時間を過ごしている少年は自らが成長しなかったから、周りが成長し移り変わっていくのに気付かずに育ったのです。
一松
日が暮れ夜が明けました
一松
(ずいぶん長い間遊んだな〜
大人
いたぞ!!
大人
ドン!(蹴り飛ばす
大人
バン!(殴る
大人
これは逃げ出した罰だ!!
一松
(僕とあの少女以外皆んないなくなればいいのにな
一松
すると少年の耳に不思議な声が聞こえました。
すると集落の人が夕焼けのなかに吸い込まれていきました。いえ、全人類の人が少年と少女以外吸い込まれていきました。
一松
(あの少女の名前はまだ知らないけれど、今はこれでいいんだ
一松
どこから聞こえたか、耳鳴りは夕焼けのなかに消えていきました。
一松











歌詞↓
おそ松
名も無い時代の集落の
カラ松
誰も知らないおとぎ話
おそ松
生まれついた時から忌み子、鬼の子として
カラ松
その身に余る罰を受けた
おそ松
悲しいことは何も無いけど
カラ松
夕焼け小焼け 手を引かれてさ
一松
知らない知らない僕は何も知らない
チョロ松
叱られた後の優しさも
一松
雨上がりの手の温もりも
チョロ松
でも本当は本当は本当は本当に寒いんだ
一松
死なない死なない僕はなんで死なない?
チョロ松
夢の一つも見れないくせに
一松
誰も知らないおとぎ話は
チョロ松
夕焼けのなかに吸い込まれていって消えてった
十四松
吐き出すような暴力と
トド松
蔑んだ目の毎日に
十四松
君はいつしかそこに立っていた
おそ松
話しかけちゃダメなのに
チョロ松
「君の名前が知りたいな」
おそ松
ごめんね名前も舌も無いんだ
トド松
僕の居場所は何処にもないのに
カラ松
「一緒に帰ろう」
トド松
手を引かれてさ
十四松
知らない知らない僕は何も知らない
一松
君はもう子供じゃないことも
十四松
慣れない他人(ひと)の手の温もりは
一松
ただ本当に本当に本当に本当のことなんだ
カラ松
やめないやめない君はなんでやめない?
十四松
見つかれば殺されちゃうくせに
カラ松
雨上がりに忌み子がふたり
十四松
夕焼けのなかに吸い込まれて消えてった
おそ松
日がくれて
カラ松
夜が明けて
チョロ松
遊び疲れて捕まって
一松
こんな世界
十四松
僕と君以外
トド松
皆んないなくなればいいのにな
6人
皆んないなくなればいいのにな
おそ松
知らない知らない声が聞こえてさ
一松
僕と君以外の全人類
おそ松
抗間もなく
一松
手を引かれてさ
おそ松
夕焼けのなかに吸い込まれて消えてった
6人
知らない知らない
6人
僕は何も知らない
6人
これからのことも君の名も
6人
今は今はこれでいいんだと
6人
ただ本当に本当に本当に本当に思うんだ
6人
知らない知らないあの耳鳴りは
6人
夕焼けのなかに吸い込まれて消えてった
6人



あとがき?茶番?的なもの↓↓
















一松
ここまでみてくれてありがと…(ボソ
十四松
一松兄さんのデレだー!
一松
べ、別にデレてるわけじゃないし!!///
おそ松
そういうなって!それよりこれいい曲だよなぁ!
チョロ松
たしかにね、僕はこの曲はニャーちゃんの曲の次に好きかな
おそ松
えー!!レイカの曲よりこっちのがいいだろ!
チョロ松
レイカじゃねーし!!ニャーちゃんっていえ!!
トド松
僕もこの曲好きだなぁ(^_^)
画面の前の君もこれでこの曲が好きになってくれたら嬉しいな♪(-_^)
十四松
あざトッティ!!
おそ松
あざといな
チョロ松
あざといね
一松
あざとすぎ…
カラ松
ん?なにがだ?
トド松
ちょっとあざといあざとい五月蝿いよ!!
チョロ松
そういえば今回の女の子役どうして十四松がやったの?
十四松
えとねえとね!!今書いてる主が「女の子いないからテキトーにキャラつくろうかな〜でも面倒くさいしなー。あ、十四松女の子役でいいや」って感じで俺が女の子役やったの!!
チョロ松
メタいな!!
カラ松
それよりこれももう少しでお別れだ…。だがカラ松girl達、心配しないでくれ!俺は必ずお前らとまた会う約束をしよう!それまでちょっとお別れだ…。お前らに会えないと俺も寂しい!でもこれも運命なんだ…それまで待ってろよ!カラ松girl!!
トド松
イッタイよねー
おそ松
イタイ!イタすぎる!!ああーーあばら5本ぐらいいったわー!!www
十四松