ひとり劇場

俺が小学5年だったころの話

親友が車に轢かれて絶望した話です。

ようすけ
おーい!こっちこっち!
ふるや
待ってってば!足ほんと早いんだから、、
ようすけ
へへっ!
ようすけ
これは、僕が小学5年生のころに体験したことだ。
ようすけ
そのひ僕は親友であるふるやと公園に来ていた。
ふるや
はぁ、はぁ
ふるや
やっとついた、、、
ようすけ
今日はサッカーしようぜ!
ふるや
え!やるやる!
ようすけ
僕らはサッカーが大好きだったから
ようすけ
そのひはサッカーボールを持ってきていた。
ようすけ
よし、俺からパスするぞ!
ふるや
うん!
ようすけ
えいっ!
ふるや
はやっ!
ふるや
蹴るのうまくなったね!
ようすけ
そーかぁ?
ようすけ
僕がサッカーを始めたきっかけはふるやだった。
ようすけ
ふるやが習い事でいやいやいってたサッカーの練習に
付き合っているうちにサッカーに興味がでたんだ。
ふるや
よっ
ようすけ
えいっ
ようすけ
うまくパスが繋げていたとき、
褒められて調子に乗って僕は強くボールを蹴ってしまった。
ようすけ
あっ
ようすけ
ふるやの足の横を通り過ぎ、
ボールは道路にでてしまった。
ようすけ
ごめん!ふるや!
ふるや
ぜんぜん!取ってくるね!
ようすけ
うん
ようすけ
ボールが飛び出した道路はちょうど
曲がり角のところだった。
ようすけ
僕が信号を確認したら青だったから。
ようすけ
ふるや!!
ふるや
へっ?
ようすけ
ププー!!
ようすけ
強く接触する音があたりに響いた。
ようすけ
慌ててふるやを確認すると
ようすけ
そこには頭から血を流して
ぐったりしているふるやがいた。
ようすけ
ふるや?
ふるや
・・・
ようすけ
ふるや!
ようすけ
嘘、、だろ、?
ようすけ
ふるやが持っていたボールが僕の足に触れた。
ようすけ
その瞬間。
これは現実なんだと確信した。
ようすけ
その後すぐに病院に搬送されたが、手遅れだと言われた。
ようすけ
、、、
ようすけ
ごめん、、
ようすけ
ごめんね、、ふるや、、、
ふるや
・・・
ようすけ
わかってる。
なんど謝ったってもうふるやには聞こえないんだ。
ようすけ
でも、僕はずっと
謝り続けた。
ようすけ
ごめん、、
ようすけ
俺の不注意で、、、
ようすけ
調子に乗って、、
ようすけ
ごめんね、、、
ようすけ
謝っている間。
なんど頬を冷たい涙が流れたか。
ようすけ
ごめん、、、
ふるや
よ、、す、、け
ようすけ
、、へ、、?
ふるや
も、、う、、、あやま、、らな、、いで、
ようすけ
ふるや、、?
ようすけ
微かに微笑みを見せたふるやにお
医者さんも驚いていた。
ふるや
ね、、、わら、、っ、、て、、
ようすけ
っ!!!
ようすけ
ふるやぁ、、、
ようすけ
よかったぁ、、
ようすけ
いままでにないくらい、その日は泣いた。
ようすけ
順調に体力も回復していき、退院することができた。
ようすけ
そして翌年、
ふるや
ようすけ!
ふるや
遊ぼ!
ようすけ
うん!いまいく!
ふるや
ふるやが奇跡的な復活をしてからは
ふるや
相変わらず今もサッカーで遊んでいる。
ふるや
今日は僕から!
ようすけ
わかった!
ふるや
ていっ
ようすけ
ほいっ
ようすけ
あれからはお互いリハビリだとか付き添いだとかで
サッカーができていなかったから
ようすけ
すごくふたりとも初心者に戻ったみたいだ。
ふるや
やっぱサッカー下手になっちゃったなぁw
ようすけ
俺もだ!w
ようすけ
でも、
ふるや
ん?
ようすけ
二人なら大丈夫な気がする!
ふるや
だね!僕も!
ふるや
いままではお互い。
これからはふたりで。
ふるや
頑張っていこう。そう思った。

3  

投稿日時:2021-12-06 17:22
投稿者:街那賀
閲覧数:28

↑このページの先頭に戻る