ひとり劇場

お話 第一話 川谷町の忌み子 (6兆年と1夜物語)訂正版

語り
1568年
語り
川谷町のお話し🏯
(本当の話ではありません)
いじめっ子1
その時戦国時代と言う戦いがありましたがそこで『忌み子』(鬼の子)と言う事がありました。でも今はだめなことです(日本国憲法で)。なのでそれを防ぐため何か自分のことをやっていきましょう。と言うことでお話始まります。
1568年3月
主人公が生まれた。
でも、忌み子の人(?)になっていた。
    
とゆうことで(主人公)あと11年渡す
    
その間に外に出たら始末してやる‼︎
歌詞
やめないやめない 君は何でやめない?
見つかれば殺されちゃうくせに
主人公
主人公
はい。
同年6月
対役1
君の名前が知りたいな、
主人公
(話しかけちゃだめなのに)
主人公
ごめん、僕には名前がないよ。
対役1
あっ、そうだったんだ。
主人公
そういえばあと11年で殺されちゃうの?
対役1
わかんないけどそうらしい。
対役1
だったら一緒に自由になろうよ!
主人公
だめだよ!見つかれば殺されちゃうよ!
対役1
でも…
対役1
だから一緒に●されよう!
主人公
そういうこと…
主人公
わかった。だったらいいよ…
遊んだ後
主人公
はぁ(こんな世界僕と君以外 皆いなくなればいいのにな)
    
見つけたぞ
主人公