ひとり劇場

蕪木&透真 思い出話

自CPの思い出話風LINE

透真
かぶらぎさーーん!おはよ!!
蕪木 聡一朗
おはよう、透真君
透真
あのね聞いて聞いて!!
透真
今日ね、俺たちが初めて会った時のことが夢に出てきたんだ
蕪木 聡一朗
へえ、懐かしいなあ
蕪木 聡一朗
あれからもうそろそろ一年経つのか
透真
ねー!あの頃はさ、蕪木さんが嫌いで嫌いで仕方なかったんだよなって思い出して
透真
若かったなって(笑)
蕪木 聡一朗
面と向かって『大嫌い』って言ってきたもんね(笑)
透真
ごめんってば(笑)
透真
今は世界で一番大好きですよ
透真
蕪木 聡一朗
はいはい
透真
蕪木さんと初めて会った公園さ、ハッテン場だったから俺みたいな援交やってる奴も結構いてあん位のトラブルじゃ誰も気にしなかったんだよね
蕪木 聡一朗
本当、知らず知らずに恐ろしい所に行ってしまったよ…
透真
だから最初は何だこのおせっかいヤローって思ってて
透真
そんで何か説教してくるからすげえうざくってさ、しかも俺の大嫌いなお人好しタイプだったからね
透真
早くどっか行ってくれって思ってたよ
透真
それでも蕪木さんは俺を怒鳴り付けて公園から引きずり出したよねー
蕪木 聡一朗
あんなとこで君みたいな子どもが大人の男に絡まれてるのに一切気にしないあの空間が異常なんだ
透真
でも蕪木さん、家に帰れとは言わなかったよね
蕪木 聡一朗
何かしら事情があると思ったからね
透真
うん、そういうとこ大好き
透真
で、その後俺が黙ってると蕪木さんが家に来るか?って言ってきたからさ、何だよ結局こいつもヤりたかったのかーって思って着いて行ったんだけど一切手を出してこなくてびっくりした
蕪木 聡一朗
あのね透真君。それが世間一般では普通だからね?
蕪木 聡一朗
ていうかそう思ってたなら着いていっちゃいけません
透真
だってあの時は俺、ヤれれば誰でも良かったもん
蕪木 聡一朗
まったく……
透真
シャワーまで貸したんだから普通はヤるでしょ
蕪木 聡一朗
普通はやりません
蕪木 聡一朗
君があの男に張り倒されて泥だらけだったから貸したまでだよ……
透真
ほんとに優しいよね
蕪木さん
透真
俺の周りの大人にそんな奴はいなかったから、かえってそんな優しさが正直気持ち悪かったよ
透真
俺はさー、もう話したけど、小2の頃里子に出された先で養父に犯られちゃったじゃん?
蕪木 聡一朗
透真君、その話はもう…
透真
ううん。もう一回ちゃんと聞いてほしいんだ
透真
長くなっちゃうけど 、いい?
蕪木 聡一朗
透真君がいいなら、もちろん
透真
ありがとう蕪木さん
透真
俺は生まれてすぐ捨てられたから親の記憶はないし、施設だと他の子供達もたくさんいてそんなに構ってもらえないし。
なんていうか、自分だけに注がれる愛情がほしかったんだよね
透真
だから養父に犯された時も、痛くて苦しかったけど段々嬉しいと錯覚してきちゃったんだ
透真
あいつ、俺を犯してる最中に「可愛い」だの「愛してる」だの言ってきたからね
透真
ああ、今この人は俺のことだけ見てくれてるんだなって。
蕪木 聡一朗
…今すぐそいつを死刑にしてやりたいよ
透真
ははwあと数年待っててw
透真
それでさ、そんな関係が3年くらい続いてたんだけどまぁ養母にバレてね。それで俺は施設に逆戻りって訳。
透真
養母の方は…うん優しかったよ。でも仕事が忙がしくて中々家にいなかったし。そもそも赤ん坊じゃなくて小2の俺を引き取ったのも手間が赤ん坊よりかからないからで。
透真
そんで施設に戻ったはいいけど周りの反応がねー。完全に腫れ物扱いだよ。鬼畜な養父に3年間も性的虐待され続けた可哀想な子供ってね
透真
俺自身はそこそこ満足してたからもう訳分かんなくて。だってそうだろ?愛情だと思って受け入れてた行為を全否定されるんだよ
透真
じゃあ父さんのあの行為は何の為だったんだ、俺を大切に想ってのことじゃなかったのかってさ。
透真
だから俺はそれから、この世界の優しさも愛情も、全部嘘っぱちだと思うようにした 。そうしなきゃ生きていけなかった。
そうすれば自分が不幸だって思わずにいれたから。
透真
それからは楽だったよ。始めから嘘だと思ってれば期待も不安もしなくていいし。
それと援交を始めたのは中学入ってからかな。すっかり養父に仕込まれたからさあ、◯なしじゃいられなくなって。
透真
もちろん偽物だと分かってたけど、◯してる時だけは他人の愛情を感じられることができた。お金も貰えて楽しかったよ。
透真
ねえ蕪木さん、俺のこと可哀想な子だと思う?
蕪木 聡一朗
…それは僕が決めることじゃない
蕪木 聡一朗
君は必死に生きてきた。
誰にも君の人生を否定する資格も肯定する資格はない。そうだろう?
蕪木 聡一朗
僕が言えることはそれだけだよ。
透真
…うん
本当に優しいね、蕪木さんは
透真