ひとり劇場

なんとなく2

なんとなくです笑

先生
幼馴染の彼女が急に倒れた
先生
もともと病弱だった
先生
心筋梗塞らしい
渡辺 将斗
病院
渡辺 将斗
お父さん、菜穂の容体はどうなんですか?
菜穂のお父さん
ここ2、3日が山らしい
渡辺 将斗
そうですか…
菜穂のお父さん
まだ意識が戻らない
菜穂のお母さん
わざわざ来てくれてありがとうね
渡辺 将斗
いえ、とんでもないです
菜穂のお母さん
菜穂のそばに居てあげて
渡辺 将斗
はい、ありがとうございます
渡辺 将斗
病室に入ると菜穂がそこに寝ていた
秋山 菜穂
渡辺 将斗
菜穂、久しぶり
高校卒業した以来だな
渡辺 将斗
元気な姿で再会したかったよ
渡辺 将斗
あの時はごめん俺が子供だった
渡辺 将斗
ちゃんと会って話したかった
渡辺 将斗
彼女からの返事はなかった
渡辺 将斗
ごめん俺今日は帰るわ
秋山 菜穂
渡辺 将斗
静かに病室を出た
菜穂のお母さん
今日はありがとうね
菜穂のお母さん
時間あるときにまた会いにきてあげて
菜穂のお父さん
今日はありがとうな
菜穂のお父さん
送っていくよ
渡辺 将斗
ありがとうございます
菜穂のお父さん
菜穂のお父さんに車で送ってもらうことにした
菜穂のお父さん
君とこうやって話すのも久しぶりだな
渡辺 将斗