ひとり劇場

日韓転移物語♯1

恋愛物語です

夢を見るんだ。それは、俺の生きてきた記憶じゃない
いつも見られない景色を夢見る
もしかしたら「俺ではない」誰かの記憶なのかもしれない
一体...いつから見てんだっけ...
♯1「記憶」
キム・ソヒョン
誰の家だよ...ったく...
キム・ソヒョン
見慣れない家だな。しかも昨日の記憶も曖昧だし...思い出せないな
キム・ソヒョン
昨日女と何かしてたっけな...んなわけねっか
キム・ソヒョン
しかもこの部屋いい匂い...
キム・ソヒョン
なんか女の子の部屋って清潔感あっていいな
キム・ソヒョン
しかしなんで俺はここに...
キム・ソヒョン
あ!もしかしたら昨日俺が喧嘩して倒れてる所を誰かが助けてくれたのか!
キム・ソヒョン
なーんだ。そんな事なら礼を言わないとな
キム・ソヒョンが部屋を出る
キム・ソヒョン
ここがリビングか。ソファーにデカいテレビ...最高かよ
キム・ソヒョン
なかなかいいとこ住んでんな〜
パパ