ひとり劇場

ロクでなシータ!

自創作っ子たちの会話諸々。

椎太
(じ〜〜〜)
六花
(み、見られてる。むちゃくちゃこっちを見られてる。)
そう。わたしは対峙しているのだ。ひとつ挟んでC組の、色素の薄いイケメンに。
六花
(名前呼ばれてのこのこついて来ちゃったけど何の用事なのかな...?階段の下に連れ込んまれて、その、こんな体制になるなんて)
椎太
………
六花
(数分ずっとこのまんまだし...お昼ご飯途中だったのになぁ…)
椎太
………ぃ
六花
(そういえば今日の晩ごはんはオムライスとか言ってたっけ...)
椎太
……ない
六花
え?
椎太
ありえない!!!ないだろ!!!これはない!!!!
六花
ひっ
一瞬顔を伏せて私を見つめ返したかと思えば、ものさし一つ分の距離で喚いてる。
六花
(な、なんなんだ本当この人は…)
椎太
ぜんっっっぜんない!!清々しい程ない!!!!
六花
な、なななななにが私に"ない"んですか...?確かにお胸はご期待には添えないとは思いますが…
椎太
全部だ全部!!!女としての魅力全部!!!
六花
えええ~…
本人目の前にして存在を全否定してくるあたり、相当失礼な人だ。ただ駄々を捏ねる子供のような姿に、呆れてため息も出なかった。
六花
(とりあえずは、無言で教室から連れ出された理由でも聞きたいんだけど…)
椎太
くそ…なんでこんな奴に……
六花
(完全に自分の世界に入っちゃってるよなぁ…どうしようかな...)
牧純之介
あれ?椎太?
その時、階段下の真横の明るいスペースからひょっこりと、顔を出した人物がいた。
牧純之介
ってあれ?むっちゃんまで
六花
! 牧くん!
現れたのは、黄緑ーーーー彼曰く"萌葱色"というらしいーーのパーカーを羽織った牧 純之介くんだった。救世主。
牧純之介
2人してこんな狭い場所でどうしたんです?
六花
そ、それが...
牧純之介
あっ!もしかしてそういうプレイの途中でした?いっけね!お邪魔しました...
六花
ちょっと待って!?牧くん違うよ!この人と初対面だし!!!そもそもそんな雰囲気じゃないでしょこれ!!
牧純之介
あっ、そうなの?
知ってる。わかってやっているのだ。この、牧純之介という男は。
いたずらっぽく笑みを零したかと思えば、わざとらしくごめんねぇと付け足した。
牧純之介
で、椎太。むっちゃんとこんな所で何してるんです?
椎太
ねえよ!!!これはない!!!まじでない!!!!
牧純之介
落ち着いて下さいよ。椎太が何も言わないから、むっちゃん困ってるじゃないですか
椎太
俺は…俺はこんなのに…
六花
...?
牧純之介
...?
椎太
俺はこんなのに負けたのか!!!!!
六花
...はぁ?
負けたって何をだ?彼とは私の所属している剣道部で手合わせした記憶もない。けど、昔だったらありえるかもしれない...?
牧純之介
いやいや椎太、何を言っているかわからないので、もっと噛み砕いてお話して下さいませんか?
椎太
........れたんだよ
牧純之介
ん?
六花
...ん?
椎太
振られたんだよ!!!この女の所為で!!!!廣田さんに!!!
六花
廣田...?
六花
ああ!廣田ちゃんか!
牧純之介
.........
椎太
......なんだよ牧。笑いたいなら笑えよ。
牧純之介
.........
椎太
イヤ何なんだよその目は!!!笑えっつってんだろ!!!
牧純之介
...はっはっは
椎太
笑えよ!!!!!
河原くんのその一言を皮切りに、牧くんは盛大に笑い出した。
*:。 ゚*:。 ゚
牧純之介
っはー!!笑った笑った。
椎太
笑いすぎだよなんなんだよ!
牧純之介
いやいや、椎太が笑えって言ったんじゃないですか。
椎太
だからって数分間ぶっ続けで笑う奴があるかよ
牧純之介
まあまあ、そう怒らないで下さいよ。とりあえずまあ、今の状況を整理すると...
そう言って私に視線を寄越したので、河原くんの眼力に負けじと声を張った。
六花
うん。その廣田さんって、私の後輩の廣田ちゃんだよねきっと。
椎太
…1個下の。黒髪の。
六花
そうそう!廣田那津ちゃん!......で、それがどうして私の所為でその...振られたと...
椎太