ひとり劇場

魔女ハーノスの日記5(雪ノ季 11日)

とある別世界に住む魔女の日記です。(更新遅れて申し訳ありません。諸事情により、しばらく投稿ペースが落ちます(汗))

ハーノス
雪ノ季 11日
ハーノス
ふう
ハーノス
どうやら、偽の雪ノ花の毒の難からは逃れられたようだ
ハーノス
なかなか今日は調子が良かった
ハーノス
朝から新薬品の調合、昼は山で採集、夜は日記
ハーノス
明日もきっと、そのルーティンなのであろうな
ハーノス
いや。違った
ハーノス
明日は野暮用があった
ハーノス
特に大したものでも無いが
ハーノス
無視して良いものでも無い
ハーノス
そんな用だ
ハーノス
その野暮用については明日の……次の日記にでも話すとしよう
ハーノス
まぁ、退屈していた私にとっては、良い刺激になるだろう
ハーノス
ああ、そういえばのそういえば、なんてどうでも良い話だがな
ハーノス
私の今住むスノゥ地域から、だいぶと南下した所にある
ハーノス
世の中心部地域……今は、モナカ王国、タンバン帝国、大粒餡国の3国をまとめて言われているのだが
ハーノス
その1つであるモナカ王国の姫君が誘拐されたとかどうとか
ハーノス
犯人は恐らく、反乱軍などと囁かれているが
ハーノス
もしかしたら、大昔に……私の生前、100年、200年以上も前だが
ハーノス
魔王の反乱が2度あってな
ハーノス
特に、2度目の反乱時は、国同士の政のこじれと、その反乱とが混じり合って、世は混乱に陥ったそうだ
ハーノス
そんな中、魔王の反乱を阻止した者と、政を治めた者と、二人の英雄が現れ、世の崩壊は免れた
ハーノス
と言うことであるそうだ
ハーノス
詳しくは私も知らない
ハーノス
魔女としての師であるとある女から聞いたものだ
ハーノス
彼女なら、他にまだ何か事情を知っていそうだったが
ハーノス
それ以上も語ろうとしなかった
ハーノス
別の者もそうだ。そこに中心部地域の息がかかっているのか、よほどの混乱であったのか
ハーノス
はたまた、何らかの強大な力が働き、記憶が抹消されたのか
ハーノス
気の毒な話だが、その、世を鎮めた二人の英雄の名さえどの資料にも残っておらぬ
ハーノス
まぁ、その時に、追放された魔王一族の生き残りが、中心部地域に恨みを持っていてもおかしくは無いだろう
ハーノス
そんな魔王一族が姫君を誘拐……したのかもしれない
ハーノス
そうそう、一応言っておこうか……この日記を聞く誰かのために
ハーノス
魔女と魔王一族とは、なんの関係もない
ハーノス
と、言わねばならぬも
ハーノス
世は魔王一族を差別しているということだからな
ハーノス
全く、世を騒がせた魔王一族も気の毒な事だ
ハーノス
寂しい世だな
ハーノス
私の見解からすると、やはり、この世には、隠された何かがある
ハーノス
気がする
ハーノス
……こんなこと言って大丈夫だっただろうか
ハーノス
まぁ良い。所詮はただの個人の意見
ハーノス
この事は私の腹の中にでも込めておくとしよう
ハーノス

1  

投稿日時:2021-01-07 21:41
投稿者:佐霜 史羅品
閲覧数:20

↑このページの先頭に戻る