ひとり劇場

「魔王の転生物語」#1

初投稿 おもろいとおもう

ここはどこかの魔王城
Y君
魔王「...」
Y君
側近「魔王様、私が魔力の才能を秘めた者を"4人"集めてきました」
Y君
魔王「連れてこい」
Y君
側近「御意」
1時間後、連れてきた様子
Y君
魔王「随分と待たせたな」
Y君
側近「紹介致します」
Y君
側近「こちらがイベル・アーノイドでございます。」
Y君
イベル「よろしくお願いします。これからは修行を積みて、魔力を高め貴方様の護衛をさせてもらいます」
Y君
側近「こちらがアルレルム・ハデスでございます」
Y君
アルレルム「はい、よろしくお願いします」
Y君
側近「こちらがセイバー・オルタトロンでございます」
Y君
セイバー「御意、どうも致しまして」
Y君
側近「こちらが我がの最優秀、デイル・ミヤフェッシェでございます」
Y君
デイル「よろしくお願いします」
Y君
魔王「よいよい、いいぞ。お前たちで"4魔兵(よんまへい)を結成する」
Y君
魔王「行くぞ。我は人間どもに鉄槌を下す。我はドルフィン・ゴーレだ」
魔王が魔王城を歩いていると、ひとり人間がいた
Y君
魔王「うむ?何をしているのだ?兄殿」
Y君
勇者「弟よ、頼む!殺らせてくれ」
Y君
魔王「兄殿、我は魔王だぞ?」
Y君
魔王「我を殺るとは...兄殿もこちらに入ってこれば良いでは無いか」
Y君
勇者「俺は、お前を倒す義務がある!」
Y君
勇者「このラリム・ゴーレ(勇者の名前)が倒す!」
Y君
魔王「頑張るがよい」
Y君
魔王「爆破魔法 グレイズ」
勇者が吹き飛ばされた
Y君
勇者「くっ...ドルフィン...お前を...たお...す」
Y君
魔王「所詮兄上もこの程度だな」
Y君
勇者「まだ...戦える!剣技魔法 レキヘイス・レイド」
勇者が魔王城を真っ二つにする
Y君