ひとり劇場

魔女ハーノスの日記2(雪ノ季 4日)

とある別世界に住む魔女の日記2ページ目です。

ハーノス
雪ノ季 4日
ハーノス
私としたことが……危うく初日で日記を終わらす所であった……
ハーノス
さぁ、今日も、ではないな。今日こそは真面目に日記を録音する
ハーノス
………そうだな。やはり、相変わらず、寒い
ハーノス
常に暖炉は燃やし続けているが……夜になるとな
ハーノス
……?魔女だから、魔法で寒さもどうにかできるだろ?と、思うたじゃろう?
ハーノス
だがな、魔法でも、得意不得意があるのだ
ハーノス
私は、物を冷やしたり凍らせたりする魔法が得意である
ハーノス
皮肉なことに、今住むこの地域では、物が冷えたり凍ったりする事は日常的な事であるからな
ハーノス
私の魔法も、大して今の生活の約には立たない。と言う事だ
ハーノス
ああ、そもそも魔法で創り出される冷たさと、自然界で生み出される冷たさは別のものなのだ
ハーノス
だから私は、己によって創り出された冷たさに耐えることは出来ても
ハーノス
自然の冷たさには耐える事が出来ぬのだ
ハーノス
はぁ。私達魔女は、世に10人しか存在しないというたが……
ハーノス
そういえば、火や熱を自在に操る魔女がおったな
ハーノス
……なんだか、どこかで聞いたことがありそうな能力だが(ふっ……)
ハーノス
私も人の事なぞ言えぬだと?
ハーノス
気にするな
ハーノス
そうだな、今日の飯は、久々に鍋としよう
ハーノス
この調子だと、この先毎日鍋になってしまいそうだがな
ハーノス
うむ。しかし、一人鍋となるとちと寂しいが
ハーノス
食費の方は浮くからな
ハーノス
まぁ、良い
ハーノス
遠くに住む同士達の顔でも想いながら鍋をつつくとしよう
ハーノス
そろそろ夕刻だ
ハーノス
具材の準備もしたいし、この後に何か、日記に残すような出来事も起こるまい
ハーノス
今日は、忘れない内に日記を録音しておこうと思っただけだしな
ハーノス
では、さらばだ
ハーノス
明日もちゃんと日記を録音できたら良いのだが……
ハーノス

3  

投稿日時:2020-12-28 17:42
投稿者:佐霜 史羅品

↑このページの先頭に戻る