ひとり劇場

不自由な人形♯4

新たな仲間

♯4「ママ」
マイケル
ママ。僕の人形が消えたんだ。一緒に探すの手伝ってくぅれないかな?
ぺぺ
消えた?マイケルお前が見てないのが悪い。どうせ部屋のどっかにあんだろ。自分で探せ
マイケル
僕はママに話しかけてるんだ。少し黙っててくれないか?
マイケル
僕は君よりおもちゃを大切にしてるし、いつも人形の位置を把握して部屋を出ている
マイケル
それなのに何故消える?もしかしてお前が僕の人形を盗んだのか?
ぺぺ
なんで俺がお前の人形盗むんだよ
ぺぺ
俺はお前の人形と遊びたいと思わない。ま、「俺の人形」はお前より大切にしてるぞ。お前みたいに無くした事など一度もない
マイケル
お前の人形なんかだと?
マイケルの表情が暗くなっていく
ぺぺ
それだから友達もできない。だから自分のおもちゃと遊ぶ事しかできないんだろ。自分のおもちゃを大切にできないのなら当然か
マイケル
うるさい!!!!
マイケル
もう黙ってろよ!!
マイケルが怒鳴りだす
???「ほらほら、2人とも席に着きなさい」
マイケル
はーい...
ぺぺ
ママごめんなさい...
2人が席に座る
???「今日のご飯は豪華よ。少し高かったんだから」
マイケル
大きい!これ1ついくらしたの?
???「そうね...1つ5000円はしたはね...」
ぺぺ
高!贅沢すぎる!
???「沢山食べなさい。今日はいつもより大きい...」
ルーシー
"人の肉よ"
一方その頃
イーサン・ハンク
ハァ...ハァ...ハァ...
イーサン・ハンク