ひとり劇場

『花鳥風月』〜助け合い〜

No.10 山に早速入ったものの皆とはぐれてしまう。しかし、どこにいっても鬼がいない。どこに…!?

『花鳥風月』
〜助け合い〜
※この話はだいぶ雷鳴目線です
我妻 雷鳴
皆で山に入ったのはいいが
早速はぐれちゃったな
我妻 雷鳴
麗華は何も言わずに
いつの間にか消えてるし
翔瑛は一人でどっかいくし
我妻 雷鳴
他は麗華を探している時に
気づいたら居なくなってるし
我妻 雷鳴
しかし、不思議だな
我妻 雷鳴
ここはさっき小さい女の子達が
いってた『鬼』がいるはずなのに
一匹どころかいないじゃないか!
次の日
あれから雷鳴は鬼を探していた
我妻 雷鳴
(ここにもいない)
我妻 雷鳴
(もう山半分は見て回ったな)
だれか
ガサガサ
我妻 雷鳴
だれか
へへっいい所にいい飯が
いるじゃないか
モブ
た、助けてー!!
我妻 雷鳴
(やっといた。
  俺の実力がやっと試される)
だれか
ジュルリ
我妻 雷鳴
!?
我妻 雷鳴
(な、なんだこの異形は!)
モブ
こ、こんなの聞いていない!
あ?
そりゃそうだ
俺は随分とここで
子供を食ったからな
大人しくしてな
攻撃してきた
モブ
し、死ぬ!
我妻 雷鳴
!?
我妻 雷鳴