ひとり劇場

『花鳥風月』〜絶望の始動〜

No.2 禰豆子と善逸の間に『雷鳴』が産まれた記念すべき日…なのに何故…この先が見えないなかまた一から始動する!

『花鳥風月』
〜絶望の始動〜
〜お屋敷に到着した〜
煉獄 杏寿郎
御館様!
産屋敷輝利哉(御館様)
おはよう皆
今日は天気がいいね
顔ぶれが変わらずこうして集まれたこと嬉しくおもうよ
胡蝶(冨岡)しのぶ
御館様におかれましても
御創建で何よりです
益々の御多幸を切に
お祈り申し上げます。
産屋敷輝利哉(御館様)
ありがとうしのぶ
伊黒 小芭内
畏れながら
今日、お呼びになられましたことについてご説明いただきたく存じますがよろしいでしょうか
伊黒 小芭内
『鬼』が出現したとは本当で
ございましょうか?
産屋敷輝利哉(御館様)
そう、鬼が出現した
産屋敷輝利哉(御館様)
あの時倒し、
鬼はいなくなり
これで胸を張って生きられる…
そう思っていたのだけれど・・・
産屋敷輝利哉(御館様)
そして私の病気も再発し始めている
産屋敷輝利哉(御館様)
だから
産屋敷輝利哉(御館様)
一度は解散したけれど
もう一度
『鬼殺隊』
を立ち上げたいと思う
産屋敷輝利哉(御館様)