ひとり劇場

不自由な人形♯1

ミステリー物語

悪魔に泥を塗って遊ぶ天使達
♯1「不自由な人形」
騎士
来たぞぉぉ!!
騎士
マイケル様が帰りになられた!!
騎士
すぐに元の位置に戻れ!!
俺達は人形。マイケル様は俺達と遊んでくれる...ご主人様
ケビン・シューベル
急げイーサン!早くマイハウスに入れ!
イーサン・ハンク
ああ......
イーサン・ハンク
わかってる......!!
騎士
足音が近い!急いで戻らねぇとマイケル様に見つかっちまう!
騎士
ほとんどのおもちゃ(人形)が位置についてる!
騎士
よし!あとは俺達が位置につくだけだ!
土曜日の朝...俺達の朝は早く、とても忙しい日だ
その時勢いよくドアが開き、マイケル入ってくる
マイケル
やぁみんな〜
マイケル
今日も可愛い顔が揃ってるぅ〜
マイケル
僕のおもちゃ達...君達が待ってた分...沢山遊んであげるぅからぁ...
マイケル
今日は何して遊ぼっか〜?
--------俺達は人形
マイケル様を喜ばせてあげるのが仕事。俺達のいる場所はマイケル様の部屋。マイケル様の部屋の端にはダンボールの囲いで囲まれた小さなおもちゃの街がある。そこに僕達が入れられてて、マイケル様が遊びに来るのをいつも待っている。天井には星や三日月などの星が吊るされている。とても綺麗で俺は気に入ってる。マイケル様が俺達のためにつけたのかな?
マイケル様が来る事を教えてくれるのが騎士。彼らだけダンボールの囲いの上に登ることを許されている
夜の12時。マイケルが寝室に戻るる頃、俺達はマイハウスに入る
イーサン・ハンク
またか...
イーサン・ハンク