ひとり劇場

2・瀬良

瀬良
ひどく不自由
瀬良
男とか女とかどっちだっていい
独り言を呟くには最適な化学室
吐き出すためにここへ来る
瀬良
女はリボンで男はネクタイとか誰が決めたんだろうな
二分化されたこの世界で
イレギュラーは自分
瀬良
皆やってることができない
何が?
瀬良
!!
瀬良
人がいたのか
瀬良じゃん
瀬良
誰?
クラスメイトの顔くらい覚えろよ
瀬良
興味無い
いつもくっついてる奴らは?
佐々木とか常盤
瀬良
話しかけんな
冷てえー
そういえば瀬良って
なんでそんな恰好してんの?
女なのに
瀬良
どうせ、そう聞くんだろ
え?
いや、瀬良って珍しい苗字だなと
瀬良
何で聞かないの
馬鹿にしろよ
皆そうやってきたのに
常盤
瀬良ー
瀬良
常盤
常盤
おせーから来た
常盤
昼終わるし
瀬良
今行く
最後に見た彼の目はこちらを見つめていた
関係ない
どうせ、上手くいかない
瀬良
俺、南