ひとり劇場

俺の夢「修正版」

変な男
俺が10/13日に見た夢
変な男
ある日の夜3人は居酒屋に行った
変な男
帰る頃にはもう12時を回っていた
名無しさん1
うわーもう12時すぎじゃんw
名無しさん2
そうだなもう帰って寝るとするかー
主人公
そうだな、俺も酒飲みすぎて寝みーわーw
変な男
そしてみんなは自分の家に帰った
変な男
そして主人公が帰るとき
変な男
熊の人形が置いてあった
主人公
なんだこれ?
変な男
主人公が熊の人形を持つと
変な男
うー…
主人公
な、なんだ!?
変な男
こ.ろ.し.て、や。る!
主人公
うわ!
名無しさん1
男が走ってこっちにきた
名無しさん1
手にはナイフを持っていた
名無しさん1
いつのまにか逃げていると変な男はいなくなっていた
主人公
ふぅ助かった〜
主人公
あのおじさんも酔ってたのかな
主人公
だとしても怖いよなあれ
名無しさん1
この後怖かったが主人公はすごく眠くて熟睡をした
名無しさん1
次の日
名無しさん1
おはよー!
名無しさん2
おう、おはよー
主人公
お、おはよー
名無しさん1
主人公は昨日のことを二人に話した
名無しさん1
え、そんなことあったのー?w
名無しさん2
おじさんもう狂ってるなw
主人公
だよなーw
名無しさん2
そしてまた主人公たちは居酒屋に行き昨日と同じ12時を過ぎた
名無しさん2
うわーまた12時だなw
名無しさん1
そうだねーw
主人公
なぁなぁ今日はおれんち泊まって行かない?
名無しさん1
なんだよw昨日のことが怖いのか?w
名無しさん2
おまえただ酔ってただけじゃね?
主人公
そうだといいんだけど
名無しさん1
まー俺はいいぜお前は?
名無しさん2
俺もべつにいいよw
名無しさん2
こうして主人公たちは家に帰ろうとしていたとき
変な男
う…
名無しさん1
うわ!誰だよ!
主人公
おい!そいつだ逃げろ!
名無しさん2
よし、お前ら早く行くぞ!
名無しさん2