ひとり劇場

廃墟からのLINE15 接続

皆大分疲れてる。きっとそれだけ。今回雑談が増えて無駄に長い。この作品は全体的にホラー描写もゴア表現も控えめなので、そっち方面を余り期待してもガッカリするやも。というか半分コメディですので…。評価ありがとう!

アキ
前回までのあらすじ
宏考
桐島ごめん
桐島
ヒロ先輩が連れ去られた
アキ
桐島くん私アキだよ!
桐島
アキさんと合流した
桐島
あと片足と両手がどっかいった
つらい
桐島
 
アキ
手足あったよ!
桐島
どうも
アキ
あと帽子
桐島
いや、ちょ、ビシャビシャの帽子被せるのやめて下さい
アキ
そのうち乾くよ
桐島
この水浸しの空間でそれ言います?
アキ
あ、スマホもあった
桐島
あ、よかった。逆さ吊りされたときに落としたのかも
アキ
画面バッキバキだ
桐島
元からですよ。僕階段から落ちて首折れて死んだので、スマホも落ちて割れたんです。
アキ
ははは
桐島
冗談じゃ無かったんですけど…
まあいいや
桐島
桐島は壁にもたれかかるように座らされ、アキは散らばったお宝を集める
アキ
繋げればくっつく?
桐島
ええまあ
アキ
探したけど、ボロ布しか無かった
桐島
贅沢言ってられません
それでおねがいします
アキ
うい
アキ
アキは桐島の腕を布で繋ぎ合わせる
桐島
…さっきの話が本当なら、ここにはLINEして直ぐに来たんですよね
アキ
そー
桐島
来てどれくらい経ちましたか
アキ
んー、そんな経ってないよ。10分くらい?
君に会うまで誰とも会わなかったし
桐島
それは運が良かった
アキ
これも縁、てやつなんじゃない?
桐島
縁か…今はいやな言葉ですね
桐島
…ヒロ先輩は、人魚に連れ去られました
桐島
人魚が「待ってる」と言っていたんで、最深部にいると思います
アキ
つまり人質?
桐島
たぶん、そうかな
アキ
てことは、まだ無事なんだ
桐島
それは…わかりません。
すみません。守りきれなくて
アキ
ほんとそれな
ま、いいよ。一緒に取り返そう
桐島
…ありがとうございます
アキ
これ痛くない?
桐島
痛いけど大丈夫です。もう慣れましたし
桐島
ってちょっと待ってそれ右手。左に右手くっつけないで下さい
アキ
あれホントだごめん
アキ
…くっつけたら左手になったりしない?
桐島
左が右手になっちゃうのでやめてください
桐島
やり直すの面倒臭がらないでくださいよ…
アキ
ジョークジョーク
桐島
(こいつほんと怖い)
桐島
布を巻き直す
アキ
…君って、どれくらいここにいるの?
桐島
さあ。ここ窓無いし時計も無いから昼も夜も分かんないし、時間の感覚が薄れるんですよね。何日いるのかさっぱりです
桐島
まあ二ヶ月はあり得ないけど。
アキ
そうなんだ
アキ
私だったら、こんなとこにずっといたら気が狂いそう
桐島
狂ってるように見えます?
アキ
んー?
アキ
アキは桐島の目をじっと見つめる
桐島
桐島
なんとなく居たたまれなくなり、桐島は目をそらす
アキ
たぶんだいじょぶ
桐島
…それはよかった
アキ
桐島くん、ほんとはどのくらい状況把握してるの?
桐島
…あー。
桐島
さっきの道中、一通り話して頂いた情報の半分はまあ、元から知っていたというか
アキ
じゃあ最初に話してよ…
桐島
あ、人魚沼伝説については一切知りませんよ
桐島
ただ、うちの家系が呪われてるって話は知ってたし、それが「知ること」で呪いがかかるものだ、とは聞いていたので…
桐島
知れば呪われるとなると安易に説明出来なかったんですよね。伝聞すること自体が呪いの取っ掛かりになる怪異って、ほんと厄介ですね
アキ
その「知れば呪われる」ことくらいは説明すべきじゃない?
桐島
あー、えー
アキ
言えば協力してくれないって思ったんでしょ
アキ
桐島くんが教えてくれなくても、私が調べれば結果的に知ることにはなるから、リスクからは逃れられないしね
桐島
…すみません、じゃすまないですよね
アキ
いいよ。たとえそれが分かってても私、協力しただろうし
アキ
まあ君が私達を犠牲にしようとしたことは覚えておくけど???
桐島
その…万が一ここに来てしまった場合は助ける気でいたんですよ
アキ
その格好だとほんと説得力ないね
桐島
返す言葉もないです…はい…
アキ
化物が来ても…
アキ
手も足も出ないねっつってね!
桐島
………
桐島
いっ痛い痛い痛いごめんなさい?!
アキ
ごめーん絞めすぎた
桐島
いまのは僕悪くないでしょ…
アキ
…その梶本って人に最初に連絡取れれば、もっと話が早かったのに
桐島