ひとり劇場

絡繰の呪【第一章 人狼ゲーム】《第一話 ゲームの流れ》

突然知らない街に招待された累達…何処かも知らぬまま『ゲーム』は進行して行きーーー⁉#人狼ゲーム#絡繰の呪

柳瀬 累(やなせ るい)
…ん…ふぁあ…寝てたなぁ
柳瀬 累(やなせ るい)
…って、え!?こ、ここどこ!?街中!?街中で寝てたの!?いや、そんなことはないはず…確か昨日勉強しててそれで寝落ちして…?
美月(みつき)
さ…わがしいなぁ!…って、ここどこよ?なんかいろんな人が寝てる(?)しさ。
柳瀬 累(やなせ るい)
ご、ごめん。わかんない。とにかく、他の人たち起こした方がいいのかな…?
美月(みつき)
自分で考えなさいよそんなの!…はぁ、もう仕方ないわね。2人がかりで起こすわよ!
柳瀬 累(やなせ るい)
う、うん!
皆を起こし、ある程度自己紹介が終わりました。
アズナ
こんにちはー。おきましたぁ…
ヒビキ
ん、僕も。起こしてもらってごめんねぇ…?
つぐみ
ここは一体どこなんでしょうね…そして、よくわからない人たちがいっぱいで…
朽木
…チッ!なんだよここ!
ナミ
こわいぃ…!誰かあたしのこと守って?
ラキト
…えーと、柳瀬 累君と美月ちゃんは幼なじみなんだな。ちなみに俺はヒビキとは一応友人だね。あ、ヒビキってのはこいつ。頭狂ってんよw
ヒビキ
えー、ひっどーいwラキトの怖さは相変わらずだねぇ~
アズナ
そ、そうなんですね…
ラキト
アハwそんな怖がらんでいいよ。ヒビキは必要最低限の暴力しか振るわないからw
美月(みつき)
必要であればやると?
ラキト
そーだね
美月(みつき)
はぁ…!?
柳瀬 累(やなせ るい)
美月がいてよかったな…1人だったらなんもできなかったと思うし
美月(みつき)
おまっ…!そういうのは心ん中でいっとけ!
ラキト
…あら、幼なじみじゃなくて、恋人なのね?
美月(みつき)
え、まぁそうです…
柳瀬 累(やなせ るい)