ひとり劇場

廃墟からのLINE14 解散と合流

ちょっと回想入ります。少々残酷描写入るので注意。あと長い。分かりにくいのでサブタイも入れることにしました。どっちにしろ読み返しにくいけども。評価いつもありがとう!

アキ
前回までのあらすじ
桐島
アキさん来て下さい
アキ
いくわ
直泰
調べ物はまかせろ
いってこい
アキ
トイレ行ってからいこ
アキ
着いちゃった
アキ
 
宏考
 
宏考
あれは、一年が入ってすぐの春だったか
宏考
桐島は入部したての頃からなんというか、目立っていた。
あの目を引く金髪だったり。態度のデカさだったりで、先生にも目をつけられていたらしい
宏考
何かと反抗的だからか、先輩方の反感を買うことも多くて、よく呼び出されたりしてたな。
にも関わらず一年の中では抜きん出て上達のスピードが速かったのも相まって、そう
宏考
正直悪目立ちしていた。孤立するのも早かった。
宏考
俺はというと、まあ…あの時の三年生の先輩マジ怖かったし、桐島も悪いとこあるから正面から何か言ったりは出来なくて…かといって放っておくのも違うと思って、いつもアイツにくっついて勝手に面倒見て、ついでに先輩方との間に入ってフワッとしたフォローを入れたりしてた
宏考
なんか迷惑そうだったけど
宏考
あの日はなんだったかな。委員会の用事で部活に行けなかった日、どういう訳だか桐島が1人で後片付けを任されてたんで、帰りに手伝ったんだよな
宏考
理由は教えてくれなかったけど、本人曰く「下らないこと」だったそうで、苛立ちながらもたった1人で広いグラウンドにトンボかけてたのが窓から見えた
宏考
理不尽だと思っても投げ出さずにしっかりやってるあたり、素直というか真面目だと思うんだけど、何せ普段の態度がすげぇ悪い。誤解されるのも無理ないんだよなぁ
宏考
桐島さあ
桐島
ん?
宏考
つらくない?
桐島
しんっどい
僕なんでこんな目にあってんの?
宏考
いや…
やっぱ態度かな…
桐島
言われたことはちゃんとやってるし、何が気にくわないんだか
桐島
まあ意味分かんないと思ったら反論するけど
宏考
それなんだよな…
原因それなんだよな…
桐島
だって疑問に思うでしょ
今時うさぎ跳びとか非効率的だし。筋痛めるだけだし。練習内容が全体的に全時代的というか
宏考
うちの顧問野球詳しくないから、前の先輩方の練習内容を受け継いで練習してるみたいだな
桐島
なら尚更自分達で改良しなきゃいけないんじゃない?
宏考
そうなんだけど、今の先輩方、伝統を重んじる感じだから…
入ったばっかの一年に言われるのも嫌なんじゃねえかな…
桐島
ふーん
クソだな
宏考
そのへんは、俺たち二年がちゃんと改善していくつもりだから、今は我慢してほしい
桐島
我慢ね。いちおうそれでも従ってんだけど
宏考
…桐島がちゃんと真面目に練習してるのは、先輩にも伝わってるんだぞ?
宏考
ただ何というか…先輩方も面子があるというか…どう打ち解ければいいか分かんなくなってるというか…
宏考
なんとかこう…
桐島
…つまり、僕から歩み寄れって?
宏考
せめて敬語で接して欲しい…
宏考
俺も、仲良くして欲しいというか、やっぱり野球はチームでやるものだから…
桐島
…あんたからすれば、怖い先輩を説得するより、後輩に折れさせた方が楽だろうな?
宏考
うっ
桐島
まあいいよ。それで納得して付きまとわないでくれるなら。そろそろ鬱陶しいし。
桐島
あんただって、僕に構ってるよりもっと他にやることあるで…
宏考
よっっっしゃありがとう!!!!!
桐島はやっぱりいいやつだな!!!!
桐島
うるっさ…
それで今さら変わるとも思えないけど
宏考
確かに、なんかもうひとつ後押しがほしい
宏考
あとは…そう、あいさつだな!!!
桐島
宏考は桐島の帽子をひっつかむ
桐島
え、なに
宏考
ありがとうございました!!!!
宏考
帽子を頭上へとやり、お辞儀とともに膝へ下ろす
宏考
このように、元気よく!!
桐島
…僕にそれをやれと?
宏考
おはようございます!!!
宏考
お疲れさまです!!!
宏考
ざっす!!!あざっす!!
宏考
このようにバリエーションがあってな。
宏考
やっぱり人間関係はあいさつが大事だからな!!桐島も一発かませばきっと…あっれちょっと待ってどこ行くの桐島
桐島
前向きに検討しまーす
宏考
それやんわり断るニュアンスのやつ!!!
宏考
ちょちょちょ、マジだから!!本当絶対効果あるから騙されたと思って…桐島ぁ!置いてかないで桐島ぁ!
桐島
もう絶対流されたと思ったのに、桐島は翌日即座に実行してくれた
宏考
多少ヤケクソだった気がするけど
桐島
だけどそれで三年生に「一応やる気はある」って認められて、それ以降はちゃんとチームの一員として受け入れられたんだ
桐島
距離を置いてた同学年の奴らとも打ち解けて、なんかこう、いい具合に収まっていて
宏考
「先輩にイビられてる時は遠巻きにしてたくせに」とか言ってたけど、結局は許してたな
宏考
懐かしいな。なんで今さらこんな昔のこと思い出して…
宏考
宏考
…きり、しま?
桐島
うわ起きた
宏考
…!ほ!は!
桐島血だらけアワワ
桐島
落ち着いて下さい
返り血です
宏考
ああ、なん…あれ動け…ない…俺びちゃびちゃ…
桐島
僕もずぶ濡れですよ
桐島
まあ、起きたならよかった。とりあえず縄ほどくんで、大人しくして
宏考
きりしまおれ
桐島
はい
宏考
行かなきゃ
桐島
…どこへ?
宏考
どこだろう…分からないけど
桐島
帰るんでしょ。家に
宏考
家…
宏考
家は、ここだろ?
桐島
…そうきたか
桐島
とにかく僕についてき…
チッ
宏考
パチャン、と足音が近づく
宏考
きり…なに
桐島
いいからそこでじっとして下さい
桐島
床を二回叩く。振り子のようにバッドを回し、肩へと乗せる。
桐島
桐島のルーティン。選手がプレッシャーのかかる場面で緊張してしまった時に、何か一つ決めた動作を挟んで、切り替えるためのおまじない。去年の試合に一度だけ見た。
桐島
試合中に自分のペースを取り戻すためにはどうしたらいいのか、って桐島に聞かれて教えたんだ。桐島も緊張するんだな、なんて言ったら、当たり前でしょ、とか言われたっけ
宏考
なんだよ
宏考
お前限界じゃねぇか
宏考
桐島
桐島
あとで聞きます。忙しいんで
宏考
足引き摺ってる
桐島
これくらい大丈夫です。
そのうち復活しますよ。
宏考
桐島、もういい
桐島