ひとり劇場

感謝と謝罪

日本語がおかしい部分やミスがあると思います。

わたし
おじちゃんが亡くなって1週間
わたし
おばあちゃんは毎日のように
わたし
おじいちゃんに向かって話している
わたし
その時の顔は少し悲しそう
わたし
おばあちゃんはいつも同じ言葉を発する
おばあちゃん
何も出来なくてごめんなさい
わたし
おじいちゃんに謝罪
おばあちゃん
私と一緒に居てくれてありがとう
わたし
そして感謝
わたし
何のことを言ってるのか
私には分からない
わたし
けど、とても辛いのは凄くわかる
わたし
おばあちゃん?
おばあちゃん
あぁ…来てたのかい
おばあちゃん
お茶入れるから待っててね
わたし
あ、あのさ
おばあちゃん
ん?
わたし
さっきなんで謝ったりありがとうって言ってたの?
おばあちゃん
聞いていたのね
わたし
ごめんなさい
おばあちゃん
いいよ、あなたが謝ることでは無いわ
わたし
うん
おばあちゃん
おじいちゃんが亡くなったのはすい臓がんだったのよ
わたし
そうなんだ
おばあちゃん
わたしがもう少し早く気づいていればこんなに早く亡くなることはなかったの…泣
わたし
泣かないで…
おばあちゃん
ごめんなさい…ごめんなさい…
わたし
お茶入れてあげるからおばあちゃんはゆっくりしてて
おばあちゃん
(頷く)
わたし
すい臓がんって初めて知った
わたし
おばあちゃんは悪くないのに
わたし
自分ばっか責めて
わたし
そりゃ辛いよね。
わたし
何も出来ない自分が嫌になってきた
わたし
お茶どうぞ
おばあちゃん
ありがとう
わたし
ねぇ!
おばあちゃん
わたし
今度、家族皆で遊びに行こ!
おばあちゃん
え、良いのかい?わたしも一緒で
わたし
もちろんだよ!
おばあちゃん
あなたはホントに立派になったね
わたし
( ˶ˆ꒳ˆ˵ )エヘヘ
おばあちゃん
ふふっ
わたし
時間はあっという間にやって来る
わたし
5時のチャイムが鳴った
私は家に帰らないといけない
わたし
じゃあまた連絡するね!
おばあちゃん
はい(ニコ
わたし
お邪魔しました!
おばあちゃん
また来てね
わたし
そう言っておばあちゃんは
わたし
私が見えなくなるまで
笑顔で見送ってくれた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は約束した日
おばあちゃんはいつも通りの服装でやって来た
おばあちゃん
久しぶりだね
わたし
服似合ってるよ!
おばあちゃん
あなただって‪似合ってるわよ
わたし
ありがと!
今日は遊びまくるぞー!
わたし
✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
わたし
今日は最高の思い出になる
わたし
きっとおじいちゃんも喜んでるよ
わたし
だっておばあちゃんが
1番楽しそうだから!
おばあちゃん
ふふっ
わたし
(*´罒`*)ニヒヒ
わたし
これまた楽しい時間は
あっという間に終わる
今日楽しかった人!!
わたし
はーい!
おばあちゃん
はい
わたし
これが毎日続けば良いのにな
おばあちゃん
あなた
わたし
どうしたの?
おばあちゃん
これこの前のお礼よ
わたし
と、おばあちゃんは紙袋をくれた
わたし
わ、わたし何かしたっけ?
おばあちゃん
わたしを誘ってくれた事よ
わたし
そっか!
おばあちゃん
いつもありがとうね!
わたし
いえいえ!
わたし
ねぇ!中身見ていい?
おばあちゃん
もちろん
わたし
紙袋の中身は手作り刺繍だった
わたし
えっ!これおじいちゃんにあげるやつじゃないの?
おばあちゃん
もう居ないし、わたしが持ってても意味が無いからね
おばあちゃん
あなたが大切に持っててくれればわたしはそれでいいんだよ
わたし
分かった!わたし大切にするね!
わたし
そういうとニコッと笑った
おばあちゃん
いつでも見守ってあげるから
わたし
d(≧▽≦*)
じゃあ帰るか!
わたし
はーい!
おばあちゃん
はい
わたし
まさかこれが最後の会話だと私は思ってもいなかった。
わたし
その2日後
わたし
おばあちゃんはこの世を去った
わたし
信じきれなかった。
わたし
2日前までは普通に笑って楽しんでいたのに
わたし
どうして…
わたし
私まだ何もしてないよ
わたし
刺繍のお返しまだしてないよ
わたし
もう何も考えれなくなった
わたし
ただただ辛くて悔しくて
わたし
おじいちゃんを亡くした直後の
わたし
おばあちゃんみたい
わたし
こんなに辛かったんだね…
わたし










わたし
おばあちゃん、
わたし










わたし










わたし
笑顔で居てくれてありがとう
わたし










わたし










わたし
そして
わたし










わたし










わたし