ひとり劇場

力を持って生まれても1話

ある力を持った孤児たちのお話です

ユアナ
力を持って生まれても1話
カナタ
<画像>
リオ
何も持たぬ人間の中に?唯一人をも超える力。その力を消す為動く軍。その力を持っているの6人のオルフェンズの話
モブ
軍「待て お前が持っている"力"を軍の上官に見せればワタシは一気に昇格だ。お前を基地まで連れていく。名前を言え」
モブ
軍「しらばっくれたって無駄だぞ お前は羽根が生えている。力の証拠だ」
リオ
へー。力の情報ってそこまで広がったんだね。
リオ
でも。無駄だね。俺、お前らより強いもん
リオ
まぁ、名前は言ってやるよ「リオ」だ。覚えなくても覚えてもいい。任す
リオ
Magical power 闇
モブ
軍「ぐはっ…っ」
リオ
……はぁ。いくら持ってるかなぁ
リオ
これが俺の日常。いや、俺"達"の日常
ユアナ
リオ…やっぱり強いね。
リオ
ねぇ!コレ見て。なんか四角い箱持ってる!うわっ「カシャ
ユアナ
それ…なんだろ?見せて
ユアナ
<画像>
ユアナ
あれ、私が写ってる
リオ
ほんとだ
ユアナ
リオもやろ!カシャッて
ユアナ
「カシャ
ユアナ
<画像>
リオ
俺ってこんな顔なんだ
ユアナ
そおだよ〜!カッコイイよー
リオ
っ……よく平気で言えるな
ユアナ
へへっあ、こっちの人も持ってる
リオ
お互いひとつずつだな。
ユアナ
そーね!ふふっ
リオ
っ……!?ユアナ危ない!
ユアナ
!?
リオ
お前……!?
カナタ