ひとり劇場

天音家の日常

第2話「姉ツバキの地雷」

ツバキ
はーやーくーしーてー
俺が階段を降りていると兄…いや姉(?)が早くリビングに来るように催促してくる。
テン
うるせぇ…
ツバキ
うるさくないですぅ。(むすっ
この青髪のエプロンの似合わない一見女にも見えるおかまは俺の兄貴(本人の前でいうと怪力で殴られる)天音 椿 (ツバキ)
ツバキ
早く食べないとお姉ちゃん怒っちゃうぞ☆
今、姉貴のこと可愛いと思ったそこの方。 安心してください。手元には洗いかけの包丁を持ってこのセリフを言ってます。
テン
ちっ…わかっとるわボケ兄貴
テン
…あ。
ツバキ
んー?てんー?今なんて言ったのかなぁ?お姉ちゃん聞こえなかったからもう一回言ってくれるー?(ニコッ
テン
(やばい…やってしまった。今日は朝からついてない…。いつもなら間違えないのにこういう時に間違えるんだ俺は…)
顔からサァーッと血の気が引き滝のような汗が流れ涙目の俺は何を思ったのかワンチャン怒ってないんじゃ…という思考にたどり着き姉貴の顔を恐る恐る覗いてみた
ツバキ
…(ニコ
テン
(…うん…すごくおこってらっしゃる。)(悟った顔
そんなごっめーん☆間違えちゃった☆てへぺろー☆的なノリでこの鬼畜ドSおかまが許してくれるわけないじゃあああん(泣)ばかなのおれぇ
ツバキ
歯くいしばれよ天…
俺の胸ぐらを掴んでそういう姉貴。 来世は高身長のイケメンにしてくれと願掛けしながら今世を諦めかけたその時
ツボミ
もぉー!ねぇね!にいにいじめちゃめでしょ!(ぷくっ
ちっちゃい天使がぷくぷくした頬をこれでもかというくらいに膨らまし腰に手を当てて仁王立ちしていた。
テン
(俺の天使いいいいいいいいいいいい!!マジ可愛いなんでそんなに可愛いのにいには君のその可愛さで死ねるよ!!てかそんなに可愛いんだからにいには君の将来が不安だよ。てかそうじゃない!!助かったああああああああああ)
ツバキ
んんんんんんんん…ち、ちがうのよつーちゃん。にいにをいじめてるわけじゃないのよ?にいにが言っちゃいけないことを言いたからねえねが怒ったわけで…
姉貴は可愛さで悶えた後つぼみに説明をした。
ツボミ
じゃあにいにも悪いからにいにもねえねに謝って!!
俺と姉貴に向けられた目つきはちゃんと怒ってるんだろうけどそのくりくりのお目目に羽ばたけそうな長い睫毛…本当に兄弟なのか疑えるレベルで可愛い…。
ツバキ
てんちゃんごめんなさいね。
って姉貴が先に言い出した。俺も返事を返すように
テン
俺も悪かったよ…ごめん(ぷい
すげー恥ずかしくて言いたくなかったけど妹の前だから仕方なく謝った。こう見ると俺は姉貴たちからすると天邪鬼なんだろうな。
ツボミ
にいにもねえねもいいこ!
ニコニコ笑うつぼみの頭を二人で優しく撫でた
ツバキ