ひとり劇場

天音家の日常

これはこうだったらいいなぁと言う作者の妄想自己満ザ・ワールドである天音家(あまねけ)の日常。

ジリリリリリリリリリリ…
目覚ましの音があまりにもうるさくて目が覚めた…
テン
…朝…?うるせぇ…目覚まし止めねぇと…
俺は重たい体を起こそうと起き上がろうとしたが胸あたりに違和感を覚え胸あたりに目を向ける。
ツボミ
すー…すー…にひひ…もう食べれない…
そこにはふわふわのわたあめみたいな桃色の髪をした妹のツボミが気持ちよさそうに寝ていた。
テン
…また俺のベッドで寝やがって…ほら、ツボミ起きろー。にぃにが起きれないだろー。
ツボミ
…んう?…あ。にぃにおはよぉー…
俺の声で起きたツボミはくりくりした目を擦りながらまだ眠たそうな声で返事をした。
テン
にぃにの部屋で寝ちゃダメだっていつも言ってるだろー?てか、鍵も閉めて寝たのにどうやって入ったんだ…?
ツボミが俺の胸あたりから移動したのを確認し首を傾げながら立ち上がる。
ツボミ
あい。この前ねテレビでおじたんがヘアピンでガチャガチャしてるの見て真似したら開いたのぉ。
とツボミは自慢げに勝ち誇った顔でヘアピンを俺に見せつけた。子供ながらに凄い発想だがもしヘアピンが抜けなかったらどうするつもりだったんだろうと一瞬考えてしまった。
テン
そうかーでもなー?ツボミアレはプロのおじたんがするからうまくいくんだぞ?今回はうまくいったけどもし失敗してしまったらにぃにはこの部屋から出られなくなる所だったんだからな?にぃにが出られなくなったら嫌だろ?
ツボミ
ふぇっ…そうなのー…?にぃに出れなくなっちゃうの…?うぅー…やだよぉ…(涙目
ツボミはこれでもかと思うくらいの大粒の涙をビー玉のような瞳に浮かばせる。なんだこいつは天使か。俺はそう心の中で思いつつもツボミを慰めようと話しかける。
テン
そうだよなー。嫌だよなー。でも今度からもうしません。ごめんなさい。って言えたらにぃにがつぼみの大好きなジト目くまさんのお菓子を買ってやるよ。
ツボミ
本当?!
さっきまでの大粒の涙は何処へ?と思わせるくらいに期待のまなざしへと変わった瞳を俺に浴びせるツボミやはり天使だなと俺はさらに確信した。
テン
おうよ。買ってきてやるよ。でもその前に言うことは?
ツボミ
今度からもうしません!ごめんなさい!ジト目くまさんのお菓子買って!
やはり5歳児。
謝罪と共に欲しいものまでお願いするとは。
だがそこが可愛い。
そこに痺れる憧れる。
テン
はい。よく出来ました。ツボミはちゃんとごめんなさいができて偉いな。
俺はつぼみの頭を撫でながら褒めた。
ツボミ
えへへ。にぃに約束だよ?
テン
おう。約束な。でも今日にぃに学校あるから学校終わってから買って帰ることになるけどいいか?
ツボミ
うん!いいよぉ!
ツボミは、ベッドの上で足をパタパタさせながら笑顔で答える。あー。かわいい。しんどい。まじ妹尊いわ。ポーカーフェイスを装いながら俺はそう心の中で悶えた。
ツバキ