ひとり劇場

事故多発地点

私の小説です 違法アップロードはおやめ下さい

我が家のまゆちゃん
本当に疲れた
我が家のまゆちゃん
人に優しいあんたなんかにこころなんかわかるものか
我が家のまゆちゃん
その報道
我が家のまゆちゃん
いつかそのニュースにいつか乗ることが夢だったた
我が家のまゆちゃん
八咫烏のように私は飛んであの人の所へ行きたい
我が家のまゆちゃん
とてつもなく恐怖を抱きながら
私はただその絶望と共に
葬り去りたいほどの思いを胸に抱きながら
恐怖
そんな2文字で終了
全てのことに対する懺悔
私はとてつもない恐怖に
怒りを欠く
我が家のまゆちゃん
気持ち悪いほどの歌も沢山聞いてきた
我が家のまゆちゃん
全ての者に対する
悪心だけが頭の中を巡り巡り
気持ち悪いほどの憎悪
憎しみ
残酷なほど
気持ち悪い
気持ち悪い
ガラスが刺さり
汚らわしい私の中から
鮮血ならまだいいが
生ぬるい何かが
迸る何かが
寒い交差点の路上で
誰かが血を流して倒れていた

 

投稿日時:2020-07-02 17:12
投稿者:神
閲覧数:36

↑このページの先頭に戻る