ひとり劇場

BCW♯3

AIに逆らってはならない

1話と2話のまとめ
1話。ある日ジョンは路地裏でションが倒れているのをみかけ家に連れて帰る。彼は記憶がなくVR民の証が腕についていなかったのだ。ジョンは彼にVR世界について1から教える。ションはすんなり理解した。VR民の証がなければこの世界から消されてしまうのである。それでジョンとションはAIとVR民が一緒に生活していく「オトモ」となったのだ。
2話。ジョンはションにどこかで1度あったことがあるかもしれないと言う。ジョンは間違いないと思い、ションの昔の話をする。ションは昔、AIの王とのトラブルがあり、何故か除外せず、VR民の証が消されてしまったのだ。VR民の証が消されてしまうとBCW(このVR世界の名前)のどこかへ記憶がない状態でリスポーンされてしまうのだ。そこでションは指名手配されてしまう。実はション以外にも指名手配されている「仲間」がいるのだ。ジョンとションは仲間を増やすために、仲間を探しに行くことにした。全てはこの世界(BCW)から脱出するためだ。
第3話「指名手配」
シュウ
こっちは準備OKです!
ジョン
了解だ
ジョン
フードを深くかぶれ
シュウ
わかりました
ジョン
お面も忘れるな
シュウ
はい!
ジョン
もしバレれば俺達は終わる
ジョン
命懸けだが探しに行くぞ
シュウ
覚悟はできてます!
ジョン
それじゃあ行くぞ
ジョン
「外の世界へ」
BCWの街
シュウ
な...
シュウ
なんですかここは...
ジョン