ひとり劇場

BCW♯2

VRの世界では永遠に生きられる

第2話「消えた記憶」
ジョン
(この男...もしかしたらあの時の...)
ジョン
(いや...間違いない!)
ジョン
おいシュウ
シュウ
...?
シュウ
あ、はい!
ジョン
今日からオトモになったのはいいが、これから先お前はどうしたい?
ジョン
もしAIにVR民の証がついてないとバレれば、お前はこの世界から除外されるぞ
シュウ
なら...俺はどうすればいいのですか?
シュウ
腕にマークを書けばいいとか?
ジョン
そんなのすぐにバレる
ジョン
もっといい方法がないのか...
ジョン
(あの時の事をシュウに教えてやるべきか?)
ジョン
(だがそんなことをしたら...)
シュウ