ひとり劇場

twst オクタと過ごす冬休み②

オリキャラと監督生がいる4章裏側if話

アズール
オクタと過ごす冬休み②
アズール
此処が僕の配属するオクタヴィネル寮です。
炉岐
本当に鏡で移動できるのね!
炉岐
それにしても、オクタヴィネル寮が水の中にあるとは思わなかったわ!素敵な場所!
アズール
お褒めに預かり光栄です。
まずはモストロラウンジを案内致します。
炉岐
わぁ、壁一面硝子貼り!さっき見た海の景色が見えるのね!!凄い!綺麗!!
炉岐
それに、随分と高級感溢れる内装。凝った造りをしてるのね。BARカウンターまであるなんて…
アズール
お喜び頂けたようで何よりです。
ここは僕が経営する学園の休憩場であり、社交場です。
アズール
普段は学園の皆さんが飲食や会話を楽しんでいるのですが、先程お伝えした通りお休みのため今は静かなものです。
炉岐
ちょっと待って、意外な言葉が聞こえたんだけど、ここは貴方が経営してるの?
アズール
そうお伝えしましたが?
炉岐
な、なるほど…通りで交渉術が上手いわけね…
アズール
ご納得いただいたところで、そちらにお掛けください。お飲み物を用意致します。
炉岐
え、いや、そんな、お構いなく…
アズール
学園長から直々に依頼された大切なお客様ですから。
炉岐
…では、お言葉に甘えさせていただきます。
アズール
こちら、当店1番人気のドリンクです。どうぞ。
炉岐
ありがとうございます。
……これは、爽やかな香りにフルーティーな華やかさ…とても美味しいです。人気なのも分かります。
アズール
やはり、炉岐さんは…ごほん。
アズール
さて、貴女の部屋を確保しないとですね…空き部屋の様子を見てくるのでこちらで少々お待ちください。
炉岐
分かりました。
炉岐
(…何だか至れり尽くせりで申し訳ないような…と言うか事がトントン拍子に運びすぎてる気がするわ。。。)
炉岐
(忍と言うと基本的に良い顔されないから警戒していたけど、やはり魔法がある分、忍の価値は低いのかしら…?)
炉岐
(! 足音…二人組ね……これは彼の言ってた二人かな…?)
フロイド
アズ〜ル〜戻ってる〜?
ジェイド
鏡の間に居なかったので、もう戻ってる筈なんですけどね…おや、これは…?
フロイド
何、ジェイド急に止まんないでよ……は?誰?なんでうちのドリンク飲んでんの…?
炉岐
お邪魔しております。私、木ノ葉隠れの里の忍で奈鹿 炉岐と申します。
とある事情で困っていたところ、学園長さんとアーシェングロットさんの配慮によりホリデーの間こちらにお世話になることになりました。
炉岐
(…身長高っ!しかも双子!?え、めっちゃ睨まれてんだけど?怖ッ!!
アーシェングロットさん早く戻ってきて!!)
フロイド
お世話になる、って…ジェイド何か聞いてる?
ジェイド
いいえ、僕は何も。フロイドも知らないようですし何か不測の事態が起きたのでは?
学園長が関わっているのであれば、アズールが許可するのも可能性としては考えられますが…
ジェイド
少なくともあのドリンクを作れるのは従業員だけですし、お客様であることは確定して良いのでは?
フロイド
ふーーん。。。
炉岐
(とりあえずは納得してくれたみたい?と言うか、アズールっていうのか、彼。)
炉岐
(それにしても、近くだと本当に大きい…鬼鮫さんくらいある……。
よく見ると目の形や色違うんだ。お揃いのピアスしてて仲良さそうね…)
フロイド
あのさぁ、さっきからそんなジロジロ見て楽しい?
炉岐
あ、ごめんなさい。つい癖で…それにお二人ともとても似ていて…失礼ですが、珍しかったもので……
フロイド
珍しい?双子なんか割といるでしょ。
ジェイド
確かに僕達ほど似てる方はあまりいないかもしれませんが。
炉岐
えっと…、気を害したら申し訳ないんですが、私の国だと双子は忌み子とされてるのであまり居ないんですよ…
あくまで、私の国の話ですし、昔の風習なので最近はそんなこと無いんですよ!もちろん、お二人に悪い印象も無いです!
フロイド
何それ?忌み子とか訳わかんない。人間てたまに変な事気にするよね。
ジェイド
仕方ないですよ、海には海の、陸には陸のルールがあるんですから。実に興味深い話ではありますが。
炉岐
(人間…?海と陸…?)
ジェイド
それにしても、随分と変わったお召し物ですね。
確か、【忍】と仰っていましたよね?そちらに関係が?
炉岐
ええ、一応動きやすい服装でないと困るので…
フロイド
でも、こんな短い布腰に巻いてても意味無くない?(スカートを捲る)
炉岐
!!!!???
(急いでスカートを抑える)
ジェイド
!!!(即フロイドの腕を取る)
すいません!!大変失礼しました!
ジェイド
フロイド!女性に対してそれは無いでしょう!!
フロイド
あ、やっぱ雌なんだ?
でも、別にちょっと見ただけじゃん。そんな怒ること?
アズール
今、ジェイドの怒声が聞こえたんですが何があったんですか!?
フロイド
コイツの布見たらジェイドが怒った。
ジェイド
布じゃなく、スカートです。
アズール
は?まさか、フロイド、彼女のスカートを捲ったんですか!?
女性になんて事を…!
アズール
すいません、炉岐さん。
僕からも謝らせてください。
彼は少し陸の知識に疎くて…!
炉岐
あ、あの…確かにびっくりはしましたけど…私、下にスパッツも履いているので、その、大丈夫です。。。
アズール
そんな顔赤いまま言われても説得力ありませんよ。
本当に、大変失礼を…!
フロイドお前は謝ったのか!?
ジェイド
謝ってないですね
フロイド
何なの、二人とも。
俺、そんなにヤバいことした?
ジェイド
例えるなら…無理矢理口内を覗かれるくらい恥ずかしい思いを彼女はされてます。
フロイド
げぇ!?マジ!!??
ジェイド
マジです。だから怒ってるんです。
フロイド
うわーーー!!!マジごめんなさいーーー!!!許してぇぇ!!!!!!!!!!!!
炉岐
(あまりの勢いに引く)
いや、だから、大丈夫ですって。怒ってないです。許してますから。
ほら、下履いてるし…(ピラッ)
アズール
証明するとはいえ、はしたないですよ…!(赤面)
炉岐
あ、すいません…
(男子校だから女性に対しての扱いかなり違うみたい…?)
ジェイド
フロイド、アズールと一緒に勉強したでしょう。あれはスカートといって女性のファッションの1部です。先程の貴方の行動は服を脱がす行為と同等ですよ。
フロイド
ドレスは見た事あるけどさぁ〜、学園に雌居ないしそんなの一々覚えてないんだけど。
炉岐
(いくら男子校とは言え、スカートの存在を知らないってどういう事!?)
炉岐
あ、あの、さっきから人間だの、海と陸だの、雌だの、どういう事なんですか…?
アズール
あぁ、別に話す必要ないと思っていたのに…全くフロイドのせいで予定がパーですよ…!
ジェイド
あぁ、やはり、何かあったんですね。アズールがわざわざ接待までしてうちで面倒を見るなんて珍しいと思いました。
フロイド
え〜?ただ単に学園長に面倒事押し付けられたのかと思った〜。
コイツどっかの王族とか?そんな風に見えないけど。
アズール
きちんと後で二人にも説明します。
失礼をした手前、こちらもしっかりと対応しなければなりませんね…
アズール
炉岐さん、先程の質問に答えますので、お手数ですがご一緒いただけますか?
炉岐
? 分かりました。
アズール
寮内 海に繋がる部屋
炉岐
海に来てどうするんですか?
アズール
あまり他人には見せたくないですが、僕達は人魚なんですよ。
炉岐
へ?人魚!?
でも、今足あるじゃないですか!?
アズール
魔法薬で一時的に人間になってるんですよ。二人とも、実際の姿を見せてあげてください。
ジェイド
かしこまりました。
フロイド
俺ちょうど泳ぎたかったし♪
炉岐
…人魚でも大きいですね二人とも。
ジェイド
気になるのはそちらなんですね…?
炉岐