ひとり劇場

喫茶ポアロの非日常

名探偵コナン 安室透 榎本梓 あむあず

喫茶ポアロを閉店させ退勤準備をする従業員の榎本梓さん。
僕は洗い物を済ませエプロンを取り梓さんのいるバックヤードに入る。
榎本梓
あ、お疲れ様です安室さん
安室透
お疲れ様です、お客さん多かったですね
榎本梓
そうですね、材料なくなっちゃうかと思いました 笑
安室透
なくなったら僕が買いに行くので安心してください(ニコ
榎本梓
いつもありがとうございます
そう微笑んだ彼女はエプロンを解き鏡に向かって髪の毛に櫛を通す。
…その綺麗で黒く長い艶髪に思わず見入ってしまう。
榎本梓
あ、あ……安室さん?その…あんまりまじまじ見られると恥ずかしいんですが……///
安室透
あっ、え?!すみません…綺麗でつい目を奪われてしまって
榎本梓
その…髪のお手入れは丁寧にしてないので綺麗じゃないですよ
安室透
そうなんですか!?!すごく艶っぽくて美しいですよ
僕はつい、その髪の毛に手をのばしてしまった。
本当に…
安室透
(綺麗だ…。)
榎本梓
ん…さん……あ…あむろさん!///
安室透
あ、そうだ。僕が髪の毛をといてあげますよ!ブラシありますか?
榎本梓
ありますよ。なんかすみません、安室さんお仕事で疲れてるのに
安室透
いいえ、僕がこれしたいので。
榎本梓
そ、そうですか(?)
サラサラと長い髪の毛に櫛を通していく。
2人の間には妙な沈黙
この2人の時間がまだ長く続けばいいのに。そう考えるのはきっと僕だけだろう
安室透
はい!できましたよ
榎本梓
安室さん、お上手なんですね
安室透
前に少ししてたことがあったもので。手が覚えちゃってて 笑
榎本梓
へー…それって彼女さんですか?
安室透
え…?
榎本梓
やっ…あの…ごめんなさい失礼ですよね急に!!気にしないでください!
安室透
彼女じゃないですよ。もしかして嫉妬でもしちゃいましたか?ニヤニヤ
榎本梓
?!!?!////
少しからかうと梓さんが真っ赤になってしまった。
榎本梓
分かんないです…けど……嫉妬って、、、恥ずかしい
そう言うと手で顔を隠し後ろを向いてしまった
…無防備すぎる
顔を覆ってなにかぶつぶつと声を漏らしながら小さくジタバタしてる梓さんの肩をそっと自分の腕で包む
ビクッと梓さんの肩がわかりやすく跳ね上がった
榎本梓
…………………へ、え?!?!//あむろさん!?///
安室透
……少しだけ…駄目ですか?
梓さんの鼓動が早く…体温が上がってるのが触れている自分の肌から感じ取れる。
―自分の体温や鼓動も梓さんに伝わっているのだろうか―
榎本梓
あっ…あの。安室さん?
安室透
なんですか…?
榎本梓
私も…もう少しこのままが良いです…なんて
安室透
…反則ですよ
榎本梓
安室さんこそ
僕は強く抱きしめなおした。

20  

投稿日時:2016-06-04 00:33
投稿者:鴇葉
閲覧数:2153

↑このページの先頭に戻る