ひとり劇場

悲惨なトマトのお話

みんなも食べ物を粗末にしないように!

わらまぁ
あるところにトマトがいました
わらまぁ
そのトマトはスーパーの野菜売り場のトマトでした
わらまぁ
そのトマトは人に食べられるのが夢でした
わらまぁ
次々と人に買われ、食べられていくトマト達を羨ましく思っていました。
わらまぁ
ある日トマトはある人間に買われました
わらまぁ
トマトは大喜びしました
わらまぁ
しかし
わらまぁ
その人間は目が悪く
わらまぁ
途中でトマトを落としてしまいました
わらまぁ
運が悪いことに落とした場所は道路の中心でした
わらまぁ
トマトは悲しみました
わらまぁ
せっかく買われたのに
わらまぁ
せっかく食べてもらおうとしていたのに
わらまぁ
その時信号が赤に変わり
わらまぁ
トマトは車に惹かれてしまいました
わらまぁ
トマトの真っ赤なトマトからトマトのエキスが溢れ出します
わらまぁ
こんなことならあんな人間に買われない方が良かった
わらまぁ
ただトマトは誰かに食べてもらいたかっただけなのに
わらまぁ
野菜なんかに生まれない方が良かった
わらまぁ