ひとり劇場

舞い落ちる花びら

ソラブーで歌詞パロ👶🏻🐷 (bl)

👶🏻Fallin' Flower🐷
チェハンソル
花びらついてる
綺麗な桜並木。
俺の隣を歩くのは俺の愛しい人。
頭に付いた花弁を取ってあげると、
あーかっこよ過ぎて嫉妬する! とまたよく分からない小言を言って楽しそうにしている。
ブスングァン
一緒に桜見るの何回目だろ?
そう言いながら桜を見上げる横顔に
昔の記憶が蘇る。
俺はもともと友達が居なかった。
まるで1人で閉じこもっているみたいに、
心のどこかでずっと孤独だった。
そんな俺の世界の色が変わったのは、同い年の練習生としてスングァンと出会ってから。
こんな俺を受け止めてくれたスングァンは暖かくて。
ブスングァン
見てハンソラ!
ブスングァン
花びら、手に落ちてきた!
スングァンの手の中に、ひとひらの花弁。
俺はそれを見て微笑む。
チェハンソル
俺みたい
ブスングァン
お?何言ってんの?(笑)
チェハンソル
ははは(笑)
スングァンは桜の木に近づいて、枝に生えた桜に手を添える。
ブスングァン
ハンソラはこっちの綺麗に咲いてる花の方が合ってるよ
ブスングァン
なんてね(笑)
照れくさそうに笑うスングァン
ぼやけていた未来を鮮明にしてくれた人
俺に生きる意味を教えてくれた人
こんな俺を愛してくれた人。
チェハンソル
スングァナ
スングァンの手を取って、目を見つめる。
俺は落ちていく。
暖かく、紛れもなく世界で1番幸せな俺の居場所に。
チェハンソル
また桜、見にこよう
俺がそう言うと、スングァンはまた照れたように笑う。
ブスングァン