ひとり劇場

卓宴BASARA/02「君の作り方」

キャラクターのステータスについてざっくり兄貴ヶ原の3人で紹介するぞ。ほぼ身内用だが、これを見てくれた人がTRPGというジャンルに少しでも興味を持ってくれると嬉しいな。今回も見てくれてありがとう。まずは感謝を!

次の日の放課後…
徳川 家康
元親、来たぞー?
石田 三成
邪魔する。
長曾我部 元親
おう、しっかりおやつ持ってきたか?
石田 三成
無論だ。やると約束したからには手を抜けん。
徳川 家康
まあそう固くならずともな、ゲームは楽しむものだぞ三成。
長曾我部 元親
真剣に聞いてくれんのは嬉しいがな!
んじゃ早速、昨日は「ソードワールド 」の世界と種族について教えたな。
石田 三成
今日は「技能」とやらだったな。
長曾我部 元親
そうだ、一般的なゲームだと職業とかクラスに当たる「技能」なんだが、こいつはキャラクターの経験値を配分して習得してくもんで、
この技能をこれだけ持っていれば、こういうことができるぜ。って感じのもんなんだ。
徳川 家康
最初は魔法を使っていたが、接近戦も…と思ったらキャラクターの路線変更をしてもいい、ということか?
長曾我部 元親
簡単に言うとそう言うこった。
ただし一度取った技能を捨てることはできないから 魔法使いが接近戦を強化するときには、追加で経験値がいるがな。

まずはわかりやすい「戦士系技能」について教えるぜ。
戦士系技能
「ファイター」→戦士として敵前に立ち、ありとあらゆる武器を振るう技能。1番オーソドックスで、筋力値に応じて全ての武器と防具を扱える。

「グラップラー」→刃牙。拳闘士とも言われる。武器を使わず、ステゴロで戦う。防具面での制限があり、戦用のものしか装備できないが、グラップラー技能特有の「戦闘特技」がハマるとなかなか気持ちいい。

「フェンサー」→軽戦士、まんまである。身軽さを生かして手数で勝負する技能。装備できる武器防具は素早さのために筋力値の半分のものに限られるが、攻撃する際クリティカルを出しやすく、時折嬉しい意味で事故が起きる。
なお戦士系技能で唯一、経験値テーブルが低いタイプなので、強化がしやすい。

「シューター」→射手。射出武器全般はシューター。基本的に筋力が関係する「ボウ」とダメージは固定値の「クロスボウ」の2種類。
「ガン」もあるが、これは弾丸ごとにダメージを決めるためシューター技能でのダメージは算出しない。
…簡単に言えば 弓を使うのがシューター、と覚えておけばいいのだ。
石田 三成
途中から貴様の感想が混じってないか。
長曾我部 元親
そうかもしれねえなぁ?
徳川 家康
…昨日見た限りだと、確かこの技能のレベルと、能力値を計算してダメージや命中の成否を出すのだったな?
長曾我部 元親
命中と回避は戦士系技能のレベルと、器用度や俊敏度っつー能力値の掛け合わせだな。
戦士系なら回避も命中も振れるんだが「シューター」だけは回避が振れないから、別ので補う必要があるだろうぜ。
長曾我部 元親
次は「魔法使い系技能」
正直俺はこっちは説明されてもからっきしでな…一応説明するが多くは期待しないでくれ。
徳川 家康