ひとり劇場

卓宴BASARA /01「sw始めませんか」

TRPG「ソードワールド 2.0」の世界観と種族をざっくり兄貴ヶ原の3人で紹介するぞ。ほぼ身内用だけど、これを見てくれた人がTRPGって言うジャンルに少しでも興味持ってくれたら俺は嬉しいぜ!

某教室 昼休み。
食堂から教室に戻った元親は 机をいくつか寄せ合い 本と何枚かの紙、筆記用具と賽子を使って、なにやら騒いでいる野郎共…もとい仲のいいクラスメート数人を発見し、興味のままその輪に入り込み、話を聞いた。
それは思ったより元親の好奇心をくすぐるものであり、想像力の限り遊び尽くせる物だった。
…が結局その時間は元親に遊び方とキャラクターの作り方を教えるだけで残りの昼休みを使ってしまい、遊ぶのはまた明日の昼休みと言うことになった。
長曾我部 元親
…ってな訳で、そいつらにちょいと頼んで本をもらったわけだ…。
石田 三成
そうか、私は帰る。
(席を立つ
長曾我部 元親
ちょっ、ちょっと待て三成っ。もう少し協力してくれよ!な?
石田 三成
(心底嫌そうに椅子に戻される
徳川 家康
しかしなぜワシらを呼んでくれたんだ?遊んでいたのは元親のクラスメート達なのだろう?
長曾我部 元親
それがよぅ、俺にルールとか教えてくれた奴が隣のクラスなの忘れててな、休み時間ギリギリに「アニキがこんなハマってくれるならそのルールブック、アニキに差し上げます!オレ予備持ってるんで!ぜひ皆で遊んでください!!」
って押しつけられちまったのよ…。
石田 三成
つまり受け取ってしまった手前好意を無駄にできず、予備があるとまで言われ、返せなくなったと言うわけか。
長曾我部 元親
そ…そう言うこった……、頼むっ!軽くでいいからやってみちゃくれねえか。説明なら俺がしてやるからよぉ!
(パンっと両手を合わせ頼みこむ
石田 三成
…家康と一緒でなければ考えたが、今この瞬間同じ空間にいると言うだけでも虫唾が走る。
徳川 家康
まあそう言うな三成、普段からワシらも世話にはなっているだろう?ワシで良ければいくらでも手伝うぞ!
長曾我部 元親
い、家康っ ありがとうな!
石田 三成
……ええい、その気色の悪い視線を向けるな!手伝えばいいのだろう。説明しろ長曾我部!
長曾我部 元親
応よ任せな! 今回遊んでもらうのは王道中世ファンタジーってやつでな。タイトルは「ソードワールド 2.0」
2.0ってのは1があって、最近?ちょいと前に大幅アップデートみたいな感じで2.5ってのが出たらしいんだが。まあ2で通すぜ。
有り体に言えば「自分たちで作るドラ●ンクエスト」だな!
(本を机の真ん中に寄せる
<画像>
長曾我部 元親
こっちはルールブック、遊ぶためのルールやプレイヤーの作り方が書いてあるもんで、ゲーム機とソフトが一緒になったようなもんだ!
徳川 家康
随分綺麗な表紙じゃないか、読んでみてもいいか?
(本を手に取る
石田 三成