ひとり劇場

サンタさんからの手紙

私用

ナレーター
森に雪が降り積もりました。今日はクリスマスの前の日。ネズミの郵便屋さんはカバンに手紙を詰め込むと、張り切って外に飛び出しました。
ねずみ
さあ、いそげいそげ。みんな、郵便を待っているぞ
ねずみ
うわあ!
ねずみ
大変だ!手紙が全部飛び出しちゃった
ナレーター
ねずみは大慌てで、手紙を拾い集めました
ナレーター
ところが、一番最後に拾った手紙を見て、ねずみはびっくりしました。
お届け先が、雪で濡れて所々消えているのです
ねずみ
どうしよう。これじゃあ、誰にきた手紙か分からないよ。困ったなぁ…。でも、他の手紙を配らなくちゃ
ねずみ
うさぎさん、ゆうびんです…。
くまさん、ゆうびんです…。
ナレーター
手紙を配り終えたねずみは、残った手紙をカバンから取り出しました。
どうしたらいいか悩んでいると、くまさんとうさぎさんがやってきました。
くま
ねずみさん!さっきは元気がなかったけれど、どうしたの?
ねずみ
実は、お届け先が分からなくなっちゃったんだ
うさぎ
なるほど!これは大変だ!ねぇ、ねずみさん、この手紙誰から来たの?
ねずみ
そうか!裏を見るの すっかり忘れてたよ
ねずみ
(手紙を裏返して...)
あ!サンタさんからだ!
くま
え!なんだって!ほんとうかい!?
うさぎ
一体、誰だろう、サンタさんから手紙をもらう人って。いいなぁ!
くま
もしかしたら、僕たちの中の誰かかもしれないね
ナレーター
そしてみんなは、消えかかっている手紙の絵をもう一度、よく見ました
うさぎ
あ!私の耳が描いてないかな?
くま
いやいや、僕のマフラーが描いてあるかも!
うさぎ
えー!どこにマフラーが描いてあるの? くまさん、嘘つき!
くま
なんだって!?うさぎさんひどい!
ナレーター
2人は喧嘩を始めてしまいました。その時です。
ねずみ
いたたたた!しっぽしっぽ!
くま
ごめんごめん、大丈夫?
うさぎ
…あ!
うさぎ
そうだ!この絵はしっぽだ!ねずみさんのしっぽだ!
うさぎ
青い帽子に、青い服、赤いマフラーに黒い靴…
うさぎ
間違いないよ!この手紙はねずみの郵便屋さんにきたんだ!ねぇ、みんなもそう思うでしょ?
ねずみ
えー!僕に!?僕にサンタさんから手紙がくるなんて
くま
ねえねえ、ねずみさん、早く開けて読んでみてよ!
ねずみ