ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第36話

25層編、ついに完結。果たしてこれからキリト達を待つものとは.....。 諸事情により、次回の更新は遅れてしまいます。申し訳ございません。

キリト
ボス戦が終わったその瞬間、歓声が上がった。生き残り、勝利したのだから当然だ。だがキリト含む黒紫の剣豪団のチーム及び仲間を失ったり者達はとても歓声を上げる気にはならなかった。
キリト
........
キリト
ラストアタックボーナス
・エンペラーソード
キリト
本来のキリトならラストアタックボーナスに胸躍らせているところだろうが今はそんな気分ではない。
キリト
いや.....もう切り替えたんだ。サチの死だけを特別扱いするのは......卑怯だ。
キリト
彼女の『死』を乗り越えてでも.....俺達は前に進まなきゃいけないからな。
ノーチラス
やっといつものやかましい顔に戻りましたね。
キリト
ブチッ
ノーチラス
全く....切り替えが遅いんですよ。悲しいのは自分だけと思ったら大間違いですよ?
キリト
分かってるよ.....自分の未熟さを感じたさ。
ノーチラス
本当ですよ。悔い改めてどうぞ。
キリト
お前.......一々言い方がムカつくんだよ‼︎
キリト
そう言うとキリトとノーチラスはお互いに取っ組み合いになり、まるで小学生の喧嘩のような図になった。
ノーチラス
なんですか!?反論出来なくなったから実力行使ですか!底が知れますね!
キリト
黙れぇぇ!ギルドリーダーの権限を持って命ずる‼︎お前はここで一度矯正してやるぅぅ!
エギル
何やってんだか.....
クライン=おっさん