ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第35話

今回はちょっと悲劇が起きます。ある程度予想してた人もいるかもしれませんが.....

モブプレイヤー
うわぁぁぁぁぁ‼︎
モブプレイヤー
25層ボス攻略戦が始まって既に20分。ボスの残り体力はゲージ1本 ゲージ半分ほど。既に8名の犠牲が出ていた。
クライン=おっさん
おい!大丈夫か!?
ヒースクリフ
......まずいな。
ヒースクリフ
独り言のつもりだったが隣にいたキリトには聞こえていたらしい。
キリト
何がだ?
ヒースクリフ
欠けてしまったメンバーが想像以上に多く、陣形が乱れている。このままではボスを倒しきる前にこちらが全滅するぞ。
キリト
今残ってるメンバーにもHPがもう少しでレッドゾーンに突入する奴も何人か居る....
ヒースクリフ
どうするキリト君?攻略組最強剣士の君にも意見を伺いたいのだが。
キリト
アンタだって化け物だろ。.....どちらにしろもうここまで来たら撤退は有り得ない。8人の犠牲が出たんだぞ。
キリト
だから...ボスのダウン状態を狙う。
ヒースクリフ
ダウン?あのボスにそんなのが通用すると思うのかね?
ヒースクリフ
この世界のモンスターは基本的にRPGの常識に沿って構築されているため、当然ダウンという状態もある。相手の攻撃の終了と同時にソードスキルを当てたりパリィしたりが基本だが、キリトの言っているダウンとは長時間持続の場合のダウンだ。
ヒースクリフ
基本的にそれを行うにはHPをある程度減らすか、ボスの弱点に特大級ダメージを与えるのが基本となる。
ヒースクリフ
が、HPを減らすのはこの状況ではそこまで持っていける保証はない。よってボスの弱点を狙うしかないのだが...圧倒的破壊力を誇り、素早く武器を振りかざすモンスターにそれを行うのは至難の業となる。
ヒースクリフ
つまりキリト君はボスの弱点を今から見つけ出し、そこに誰かが大ダメージを与え、ダウンした隙に集中砲火を浴びさせて倒そうというのかね?
キリト