ひとり劇場

ソードアート・オンライン 黒紫の英雄譚 第30話

ついに《クォーター・ポイント》に到達です。第10層以上の過酷な戦いが始まろうとしていた...

ヒースクリフ
2022年5月7日。アインクラッド第24層は攻略メンバー計41名により突破された。
ヒースクリフ
犠牲者は0。この世界をクリアするためにフィールドに赴き戦う者も次第に数を増やしてきた。
ヒースクリフ
攻略メンバーは気づけば《攻略組》という俗称で呼ばれるようになり、全体の士気も上がっていた。
ヒースクリフ
しかし、攻略組はこの層で第10層に次ぐ大きな壁に打ちのめされる事となる。後に《クォーター・ポイント》と呼ばれるこの第25層で。
キリト
うーん...眠い。ひたすら眠い。故に寝る。
ユウキ
キリト?攻略しないの?
アスナ
てか、また夜更かししたんでしょ!
キリト
シテナイヨ?
ユウキ
本当に〜!?
アスナ
もう...ギルドの団長がそんなザマでどうするの?
アスナ
現在キリト達が居るのは25層の主街区だ。これから25層フィールド攻略に向かう所なのだが、キリトはなぜかとても眠そうにしている。
キリト
一口にギルドと言ったって俺のギルド、6人だけだから...
キリト
それだけ居れば充分という気持ちと、攻略にもう少し欲しいという気持ちがせめぎ合ってるんだよなぁ...
キリト
数ヶ月前にギルド、《黒紫の剣豪団》を設立したキリト。自惚れと理解しつつも自分のギルドにはそこそこの人数が集まるのだと期待していたのだが、実際はよく話す知り合いしか入らなかった。
キリト
無理やりギルドに入れるつもりは毛頭無いが、せめて理由だけでも聞きたくなり攻略組の1人に理由を聞くと、「あなた達のチームワークが精度高すぎて同じギルドで並んで戦える自信がない」と、お言葉を頂いた。
キリト