ひとり劇場

勇気ある妹が姉を変える話。

2作目です。

ここ…何処なのかな…
ていうか、私何してたんだっけ……
ゼツボウ
何で、こんな場所……
えっ、…?!
ゼツボウ
…アナタも、嫌……?
え、ぁあ……
ゼツボウ
怯えないで……
いや、来ないでよっ!やめて!
ゼツボウ
…ごめん、なさい。。私にはでき、ない。
ゼツボウ
お願い…私はアナタを助けたいの…教える。だから、、お願い……!
いやぁ!近づかないでよ!バケモノっ!!
ゼツボウ
…ぁぁ……
ゼツボウ
ごめん……なさい。
な、なんだったの…
あ、あそこに人が!
あのっ!
キボウ 男子学生
…?
キボウ 男子学生
どうしたんだ
あの、聞きたいことがあって!
キボウ 男子学生
そうか。まずは俺の質問に答えてもらおう。
キボウ 男子学生
お前はキボウかゼツボウか?
え、何それ…
キボウ 男子学生
…お前、この街の奴じゃないのか。
え、うん…
キボウ 男子学生
じゃあ俺にはどうすることも出来ない
何で?道を教えてよ!この街の人なんでしょ?!
キボウ 男子学生
あぁ。それは間違ってもいるしあってもいるな。
意味がわからない!
キボウ 男子学生
理解できるわけないだろ、ソトの世界のヤツらに
ソトの……?ねぇお願い!私、元いた街に帰りたいの!
キボウ 男子学生
頼まれたって困る。
キボウ 男子学生
…そうだな。これだけは忠告しとく。ゼツボウには近づくなよ。
ゼツボウって…?
キボウ 男子学生
……
ちょっと!なんかいってよ!
キボウ 男子学生
悪いが答えられない。
そんな!私はどうしたらいいの…
キボウ 男子学生
はぁ…
この道を真っ直ぐいけ。
え。
キボウ 男子学生
じゃあな。
う、ん、ありがとう!
キボウ
……?
あの……!
キボウ
あなたは見たことがないわ。
キボウ
あなたはキボウ?
それについて聞きたくて……
キボウ
……へぇ
キボウ
じゃああなたはこの世界の人じゃないのね。
えっ…?
キボウ
じゃあ
キボウ
排除しないと……ね
な、なに!?
キボウ
どうして逃げるの?
やめっ……!
……
キボウ
あははっ……こうなることは当然よね
ゼツボウ
お姉ちゃんっ……!
キボウ
……!
キボウ
何?
ゼツボウ
また消したの?どうして?
キボウ
それが当然だからよ。それよりあなたも消えたいの?
ゼツボウ
……そんな訳ない。お姉ちゃんはおかしいよ。こんなこともうやめて
キボウ
あなたは敗者なのよ?私のような勝者に逆らって。
キボウ
いいと思っているの?
ゼツボウ
お姉ちゃん……
キボウ
……そう呼ぶのはやめて。私はあなたみたいな妹を持って不幸だわ。
ゼツボウ
嘘……不幸ならどうしてキボウなの……
キボウ